公的年金は原則65歳から受け取ることができます。ただし、繰下げ受給を選択すれば66歳以後75歳までの間に、繰上げ受給を選択すれば60歳から年金を受け取ることになります。一見、早くからもらえるほうがお得のように思えますが、実際はどうなのでしょうか。   そこで、本記事では繰下げ受給と繰上げ受給のメリットを紹介しながら、繰下げ受給は損なのかを解説していきます。

繰下げ受給と繰上げ受給のメリット・デメリットとは?

繰下げ受給のメリットは、受け取る時期を遅らせれば遅らせるほど、もらえる年金額が増えることです。増額率の計算式は「0.7%×65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までの月数」です。つまり、1ヶ月につき0.7%、最大で84%の増額率となります。ただし、加給年金額や振替加算額については増額されません。デメリットは、受給開始後、早くに亡くなってしまった場合、受け取ることができる年金の総額が減ってしまうことです。
 
一方、繰上げ受給のメリットは、60歳から年金がもらえることです。デメリットは、早くもらえばもらうほど年金額が減額されることが挙げられます。減額率の計算式は「0.4%×繰上げ請求月から65歳に達する日の前月までの月数」です。つまり、1ヶ月につき0.4%、最大で24%の減額率になります。
 
また、「寡婦年金の受給資格がなくなる」「障害基礎(厚生)年金の請求ができなくなる」といったデメリットもあります。寡婦年金受給中の人や、持病がある人は気をつけましょう。このほか、国民年金の任意加入や保険料の追納ができなくなるといったこともあります。
 
繰下げ受給と繰上げ受給共に、請求した日の翌月分から年金をもらうことができます。ただし、一度、請求すると取り消すことができません。一生涯、増額または減額された年金を受け取ることになります。よく考えて請求するようにしましょう。
 

繰下げ受給の「損益分岐点」は?

先ほどの増額率の式に当てはめて、1年間繰り下げた場合の増額率は「12ヶ月×0.7%=8.4%」です。70歳まで繰り下げた場合は42%、75歳まで10年間繰り下げた場合は84%の増額率となります。
 
年金は原則65歳で受け取ることができます。そのため、65歳の時点で受け取る場合の年金を100%と考えて計算すると、「100%÷0.7%=142.85%」、「142.85%÷12ヶ月=11.904年」です。ということは、11年10ヶ月以上年金を受け取らないと、損をしてしまうことになります。
 
ということは、66歳から年金を受け取った場合の損益分岐点は77歳10ヶ月、70歳0ヶ月まで繰下げした場合は81歳10ヶ月、75歳0ヶ月まで繰下げた場合は86歳10ヶ月になります。
 
ちなみに、厚生労働省が公表した「令和4年簡易生命表の概況」によると、男性の平均余命は81.05歳、女性は87.09歳です。損益分岐点以上に長生きするのであれば、繰下げ受給はお得といえるでしょう。
 

繰下げ受給は損益分岐点以上長生きできればお得!

年金を繰下げ受給すると、もらえる年金が増額します。ただし、11年10ヶ月以上年金を受け取らないと、損をしてしまうことになります。
 
受給開始が66歳であれば77歳10ヶ月、70歳0ヶ月なら81歳10ヶ月、75歳0ヶ月なら86歳10ヶ月がそれぞれ損益分岐点です。損益分岐点以上長生きできればお得に、それよりも早く亡くなれば損をすると考えられるでしょう。
 

出典

日本年金機構 年金の繰上げ受給
日本年金機構 年金の繰下げ受給
厚生労働省 令和4年簡易生命表の概況
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー