物価高の今、「家賃を1000円でも下げたい」という願望を持っている方も少なくないでしょう。しかし、家賃の値下げ交渉は簡単なことではありません。そこで、家賃の交渉を上手に進める方法について考えてみました。

賃貸物件の家賃交渉は可能な場合がある

意外に思われるかもしれませんが、賃貸物件の家賃交渉は可能な場合があります。物件に入居する際に結ぶ賃貸借契約は、貸主と借主の合意によって賃料が決まるのが、原則であるからです。
とはいえ、たとえ1000円であろうと家賃を下げるのは簡単ではありません。年間の金額に直すと1万2000円、2年なら2万4000円になり、決して小さい額ではないからです。
大家さんや管理会社は、賃貸物件の維持管理に必要な経費を差し引いた上で、妥当な利益が残るように家賃を設定しているのです。
そのため、家賃交渉が可能とはいえ、たった1000円の減額でも簡単ではないことを知り、こちら側の都合でお願いしているということを知る姿勢がまずは大切になるでしょう。
「高い賃料なのだから、1000円くらい値下げして当たり前」という姿勢で、借主側の都合だけを主張しにこられても、大家さんや管理会社もよい思いはしないでしょう。
 

近隣の家賃相場について知ることも大切

当たり前のことではありますが、家賃には「相場」というものがあります。近隣で類似する条件の物件の相場が5万円であるところ、値下げを希望する物件の家賃が現在4万9000円だとしましょう。このような場合「家賃を下げてほしい」とお願いしても、それを実現させるのは難しいでしょう。家賃交渉ができるのは、基本的に同条件の近隣の相場より、希望の物件の家賃が高い場合になります。
 
また、相場が存在する以上、かなり家賃の高い物件でもない限り、5000円や1万円といった大幅な減額は難しいと考えておくべきです。
なお、家賃相場は賃貸物件を掲載しているサイトを利用して調査するのがおすすめです。
 

交渉の材料も探しておく

単にいきなり「家賃を1000円でもいいから下げてください」と言っても、簡単には下げられません。大家さんや管理会社を納得させることができるだけの、交渉材料が必要です。
例えば、次のようなものが交渉材料としては有効かと考えられます。
 

●最近募集されていた、同じマンションの別の部屋が、自分の家賃より3000円低かった。
●近隣のお店がつぶれるなどして、住環境の利便性が低下した。
●目の前にマンションが建って、日当たりが悪化した。

 
上記のような状況であれば「家賃相当の住環境でなくなった」として、家賃の減額が期待できるかもしれません。
 

可能なら更新に合わせたタイミングがベスト

家賃交渉をするなら、契約更新のタイミングと合わせることがおすすめです。一般的な賃貸物件は、2年ごとの更新になります。2年間も問題なく住んでいるとなると、大家さんや管理会社からの信用も得られているころでしょう。
また、相談の際は「できるだけ長く住みたいのですが、もう1000円から2000円程度、家賃を相談できませんか」と長く住みつづけることをアピールすることがコツです。「信頼関係もあり、長く住む意思もあるなら、譲歩してもいい」と思ってもらえるようにするためです。
 
また、更新の際は一般的に、更新料として家賃1ヶ月分の手数料が発生します。家賃5万円の物件なら、通常の家賃を含めて10万円の支出が生じます。その際に「金銭的な負担が重くなるから、ここを断ったら出て行ってしまうのではないか」と大家さんや管理会社が考えることもあります。そのため、更新のタイミングは成功しやすい時期といえるのです。
 

まとめ

家賃交渉をしようとする借主からすれば「家賃1000円くらい」という程度の思いかもしれません。しかし、大家さんや管理会社にも一定の経費がかかるため、家賃の減額はそう簡単ではないのが現実になります。
家賃を5000円や1万円と、大幅に減額させるとあれば、なおさらです。実際に家賃交渉をするのであれば、交渉材料を集めつつ、時期を見計らってみてください。そうすることで、家賃の減額が実現できるかもしれません。
 
執筆者:柘植輝
行政書士