一般的な30〜50代の貯蓄額やおこづかい事情について、気になる方もいらっしゃるでしょう。夫婦で将来に備えて老後資金をためたいところではありますが、自由に使えるおこづかいが欲しいのも事実。   周りの家庭は、家計管理をどのように行っているのでしょうか。平均貯蓄額やおこづかいの管理方法について紹介しますので、ご自身の家計管理の参考にしてみてください。

30〜50代の二人以上世帯における平均貯蓄額は?

金融広報中央委員会の「知るぽると」によると、30〜50代の二人以上世帯の平均貯蓄額と中央値は表1の通りです。
 
表1
 

年代 平均貯蓄額 中央値
30代 526万円 200万円
40代 825万円 250万円
50代 1253万円 350万円

 
※金融広報中央委員会 知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年)」を基に筆者作成
 
一部の貯蓄額が多い世帯の数値によって、平均値が押し上げられてしまうことがあります。そのため、一般的な貯蓄額の目安を知りたい場合は、少ない順から数えてちょうど中央にあたる数値の「中央値」を参考にするとよいでしょう。
 
実際に必要になるであろう貯蓄額は、各家庭によっても異なりますが、貯蓄がゼロまたは目標に達していない場合は、具体的な数値を基に、毎月取り分ける金額を把握しておくとよいでしょう。
 
例えば、現時点で貯蓄がゼロの場合、10年かけて50代の中央値である350万円を目指したいのであれば、年間35万円を貯金するために、毎月2万9167円ほどを貯蓄に回す必要があります。5年で30代の中央値である200万円を目指す場合は、年間40万円を貯金するために、毎月3万3334円ほどを貯蓄に回せば達成できます。
 
このように、具体的に目標額を設定することで、上手な家計管理と、老後資金の準備につなげられるでしょう。
 

家計管理でおこづかいの決定権を握っているのは? いくら渡すのが相場?

毎月コツコツとお金をためていくには、上手な家計管理が不可欠です。管理しなければならない生活費にはさまざまな項目がありますが、無駄遣いを防ぐために「おこづかい制」を採用しているご夫婦もいらっしゃるでしょう。この場合に、一般的におこづかいの決定権は、どちらが握っているのでしょうか。
 
株式会社WDCが実施した、夫婦の家計管理に関するアンケート調査によると、生活費の支払いに関して「妻が全額管理し、夫におこづかいを渡している」家庭は35%で、最も多いことが分かりました。一方で「夫が全額管理し、妻におこづかいを渡している」家庭は12%でした。
 
なお、おこづかいの金額については表2の通りです。
 
表2
 

金額 割合
1万円未満 19.15%
1万〜2万円未満 27.66%
2万〜3万円未満 27.66%
3万〜4万円未満 8.51%
4万〜5万円未満 7.80%
5万円以上 9.22%

 
※株式会社WDC リアほ「おこづかい制?共同口座?夫婦の家計管理に関するアンケート調査」を基に筆者作成
 

二人で協力しながら老後の備えも考えて貯蓄を始めよう!

おこづかい制は、毎月定額の出費であるため、無駄遣いを防いで、家計管理をやりやすくするというメリットがあります。一方で、自由に使えるお金が少ないと、それがストレスになることも考えられます。生活費の支払いに関しては、項目別で分担したり、共同口座を作ったりするご夫婦もいらっしゃるようです。
 
おこづかい制にするか、ほかの方法をとるかは、お互いがストレスにならないように、よく話し合って決めるとよいでしょう。それと同時に、貯蓄に関しても具体的に目標額を定めて、二人で協力しながら老後に備えていきましょう。
 

出典

金融広報中央委員会 知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年) 表番号4 金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

株式会社WDC リアほ おこづかい制?共同口座?夫婦の家計管理に関するアンケート調査

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー