給与の額は、業界だけではなく職種によって異なることが一般的です。一生のうちに稼ぐ金額は、就く職種によっても大きく左右されるといってもよいでしょう。   営業として働くと歩合がつくケースも多いため、頑張り次第で収入アップも狙えます。一方で、事務職は基本給に手当がつく程度が一般的です。今回は、営業職と事務職で、生涯年収にどれだけ差がつくのかを考察します。

職種別の平均生涯年収

求人情報・転職サイト「doda」では、2022年9月〜2023年8月の1年間にdodaサービスに登録した約63万人の年収データをもとに、職種別の平均生涯年収を算出しています。ここから、いくつかの代表的な職種ごとの平均生涯年収をみてみましょう。
 
職種別にみると、コンサルタント業などの専門職が2億9526万円の平均生涯年収となっており、全体のトップでした。企画や管理系が2億8198万円、ITや通信などの技術職が2億6039万円でつづきます。その次に位置するのが営業職で、平均生涯年収は2億5190万円でした。金融系専門職も高く、2億3842万円となっています。
 
電気・建築・土木・化学・食品などの技術職の平均生涯年収は、2億円ほどで、販売職は1億6935万円と、比較的少なくなっています。また、事務職やアシスタント職は、同サイトのデータのなかではもっとも平均生涯年収が低く、1億6492万円という結果でした。
 

・営業職と事務職の違い

営業職として働くつもりが事務職を担うことになったのであれば、前述のデータに照らし合わせると、生涯年収は約2億4300万円から約1億6100万円になったといえます。その差は、約8700万円です。
 
これらはあくまでも一つのデータを参考にした結果にすぎません。しかし、職種が変わるだけで生涯年収の相場が大幅に変わる点は、押さえておく必要があります。
 

生涯年収を上げる方法

生涯年収は、単に待っているだけでは上がらないでしょう。何かしらの行動に出る必要があります。ここでは、生涯年収をあげる方法を考えてみましょう。
 

・営業職への異動を申し出る

事務系部署への配属に納得がいかなければ、営業部への異動を申し出てみましょう。企業により制度は異なりますが、従業員の要望を尊重する企業もあります。受け入れてもらえれば営業部への異動がかない、生涯年収も上げられる可能性が高まるでしょう。
 

・転職する

事務系部署への配属に納得がいかず、営業部への異動も受け入れられないのであれば、転職も検討の余地が出てきます。営業職を募集している企業は少なくありません。営業職に転職できれば、頑張り次第で生涯年収アップを目指せるでしょう。
 

・副収入を得る

事務系の仕事を受け入れ、その代わりに、副業で別途収入を得る方法もあります。本業と副業のトータルで、生涯年収を上げられるでしょう。営業職よりも事務職の方が、就業時間が短い企業も少なくありません。就業規則を確認したうえで、可能であれば、副業を検討してみましょう。
 

事務職は営業職と比べて大幅に生涯年収が下がる

事務職は営業職と比べて、生涯年収が8700万円ほど少ないといったデータもあります。実際の差は勤める企業や仕事内容により異なるものの、能力があれば、営業職の方が生涯年収が高くなるのはほぼ確実でしょう。
 
もし納得がいかないのであれば、営業部への異動を申し出たり転職したりするのも、生涯年収を上げる方法となりえます。あるいは、副業をし、本業との合算で生涯年収をアップさせるのも一案です。
 

出典

doda 平均年収ランキング(生涯年収・生涯賃金)【最新版】
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー