結婚式を挙げるために、どのくらいの費用がかかるのか具体的にイメージできていない新郎新婦も多いのではないでしょうか。「100万円の貯金にご祝儀を加えれば300万円くらいの結婚式を挙げられるのだろうか」「結婚式の費用が足りない場合はどうすれば良いのか」などの疑問を持つ新郎新婦もいることでしょう。   本記事では、結婚式にどのくらいの費用がかかるのか、ご祝儀以外に結婚式の費用に充てられるお金について解説します。その他にも、結婚式の費用が足りない場合の対策として、お金をためる方法もまとめているので参考にしてください。

結婚式にかかる費用は平均331万7500円

結婚式場・結婚準備の口コミサイト「みんなのウェディング」が行った調査によると、結婚式(挙式+披露宴)にかかった費用は平均331万7500円とのことです。結婚式にかかった費用の最終的な総額を割合で見てみると、もっとも多いのは301〜400万円の30.8%、次に401〜500万円の24.0%、201〜300万円の18.3%の順になっています。
 
また、51万円〜100万円は7.7%と、費用をかけずに結婚式を行っている新郎新婦もいます。あらかじめ結婚式にかけられる予算が決まっているのなら、プランの内容や招待客の人数を見直すなどすれば、費用をおさえることはできるでしょう。
 

ご祝儀としてもらえる金額

結婚式で招待客からもらえるご祝儀を費用に充てることが可能です。一般的に友人や同僚、上司からのご祝儀は2〜5万円、親族になると3〜10万円、それ以上の金額をもらえる可能性も高いです。
 
ご祝儀の金額はどのくらいになるのかは、新郎新婦との関係性によって変わってきます。結婚式に招待しているのは友人よりも親族が多ければご祝儀が多くなる、その逆で友人・同僚が大半であれば少なくなることを想定できるでしょう。
 

ご祝儀以外にも親から資金援助を受けられる場合がある

新郎新婦の貯金ともらえるご祝儀以外にも、結婚式の費用を親が援助してもらえることがあります。「みんなのウェディング」の調査では、親から結婚費用の援助を受けた平均額を111万833円と伝えています。
 
その中でも、親から受けた援助が160万円だった新郎新婦が3割以上いるなど、結婚式にかかる費用平均340万7500円なら4〜5割はカバーできることになります。
 

結婚式の費用を効率良くためる方法

結婚式にかかる費用の平均は340万円を超えていますが、新郎新婦の貯金やもらえるご祝儀、親からの援助だけでは足りない場合、以下の方法にてお金をためてみてください。
 

●支出を減らして貯金に回す
●毎月の支出の内容を見直す

 
結婚式を挙げるという目標があれば、お金をためるモチベーションにもつながるでしょう。結婚式の費用が確実に足りない、足りない可能性が高い状況なら、いますぐお金をためることを実行してください。
 

先取りして貯金に回す

毎月の給料の中から残ったお金を貯金するのではなく、あらかじめためる金額を決めておくと良いでしょう。給料日になったら最低限の生活費を差し引いたら、預金口座へ入金するなどしてください。支出の管理をうまくできる自信がない場合、自動積立、給与から天引きされる社内預金といった方法を利用すれば、強制的に先取り貯金が可能です。
 

毎月の支出の内容を見直す

毎月の支出の内容を見直してみて、無駄はないのか、節約できるものはないか検討してください。積極的に見直したいのが固定費で、携帯電話の料金、家賃、保険料、サブスクリプションサービスといったものが挙げられます。
 
例えば、携帯電話の契約プラン、保険契約の見直し、利用頻度の低いサブスクリプションサービスを解約するなどすれば、その分を貯金に回せます。
 

ご祝儀や親からの援助を利用して納得できる式を挙げよう

結婚式にかかる費用は平均331万7500円という調査結果が出ています。しかし、必ずしも平均どおりの費用がかかるわけではありません。どのような結婚式を挙げるのか、招待客の人数や新郎新婦との関係性によって、上回るケースもあれば下回るケースもあります。
 
結婚式を挙げると決めたら、式場で費用を詳しく見積もってもらってください。そのうえでご祝儀はどのくらいもらえそうか、親からの援助を受けられそうか確認しましょう。確認した結果、新郎新婦の貯金だけでは足りない場合は、適切な方法で結婚費用をためることを検討してください。
 

出典

みんなのウェディング 結婚にかかる平均費用は?新婚旅行や親の援助金までリアルなお金事情を調査

みんなのウェディング ご祝儀の金額相場はいくら?結婚式で包むべきご祝儀の金額を友達、同僚、上司、部下、兄弟など関係性×年齢別に紹介

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー