30代と40代で年収はどのくらい変わるのでしょうか。   30代や40代はまさに「働き盛り」といえる年齢であり、同じくらいの年代の人たちがどのくらい稼いでいるのか、気になる人も多いと思います。   年齢を重ねると年収も増えるイメージがあるとは思いますが、実際には40代になると介護保険料の支払いなども出てくるため、「手取りで見ると大きな変化はない」という人もいらっしゃるでしょう。   本記事では、30代前半・後半と40代前半・後半の平均年収を比較し、年齢によって年収が変化する理由についてご紹介します。

30代前半・後半の平均年収は?

国税庁が実施した「民間給与実態統計調査(令和4年分)」の調査結果報告書によると、給与所得者の平均給与を年齢階層別にみたところ、表1のような結果になっています。
 
表1

30〜34歳 35〜39歳
425万円 462万円
485万円 549万円
338万円 333万円

※国税庁「民間給与実態統計調査(令和4年分)」を基に筆者作成
 
同じ30代でも、前半と後半では約40万円の差があることが分かります。
また男性においては30代の前半と後半において60万円の差が見られ、女性は5万円の差がありました。
 

40代前半・後半の平均年収は?

同調査によると、40代前半と後半の平均年収は表2のようになっています。
 
表2

40〜44歳 45〜49歳
491万円 521万円
602万円 643万円
335万円 346万円

※国税庁「民間給与実態統計調査(令和4年分)」を基に筆者作成
 
40代前半と後半では30万円の差があり、特に男性は前半と後半の差が大きいところが特徴です。
 

経験を積んでスキルアップすれば年収は増える

上記の調査から、年齢が上がると年収も増える可能性が高いことが分かりました。
 
年齢が上がると単純に勤続年数が長くなることはもちろん、経験を積んで昇進する人や資格を取得する人などが増えてくることも、年収が増える理由といえるでしょう。
 
特に、インセンティブによる給料アップが見込める企業に勤めている人や、業績のよい企業に転職して成功した人などは、大幅な年収アップが期待できます。
 

30〜40代でどのくらいの年収アップが期待できるか考える

年齢別の平均年収をみてみると、30代前半が425万円、後半が462万円、40代前半が491万円、後半が521万円と、年齢が上がると年収も増えていく傾向にあることが分かります。
 
さらに、スキルアップを目指して努力することで、期待以上の年収を実現できる可能性があるでしょう。
 
今30代の人は、今後どのくらいの年収アップが期待できるのかを考え、自分に合ったスキルアップの方法を検討していくことをおすすめします。
 

出典

国税庁 民間給与実態統計調(令和4年分)(第14図)年齢階層別の平均給与(21ページ)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー