定年退職を迎え、収入が少なくなる老後に向けて、貯蓄を殖やしておきたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。   しかし、いざ貯蓄を殖やそうと思った際に「収入の何%を貯蓄に充てればよいか分からない」という方も多いかもしれません。今回は、40代単身の方の平均貯蓄額や、各出費別の理想の貯蓄割合について解説します。

40代単身世帯の場合の平均貯蓄額

金融広報中央委員会が運営する「知るぽると」の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和4年)」より「4.金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)」によれば、40代単身世帯の貯蓄額分布は表1の通りです。
 
表1

金融資産保有額 割合
金融資産非保有 35.8%
100万円未満 14.8%
100〜200万円未満 5.9%
200〜300万円未満 4.9%
300〜400万円未満 6.2%
400〜500万円未満 2.8%
500〜700万円未満 2.8%
700〜1000万円未満 3.1%
1000〜1500万円未満 7.7%
1500〜2000万円未満 2.5%
2000〜3000万円未満 4.0%
3000万円以上 5.9%

※金融広報中央委員会 知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和4年)」を基に筆者作成
 
表1を踏まえた平均貯蓄額は657万円、中央値は53万円でした。平均貯蓄額は極端に大きい数値がデータに含まれていると、その数値の影響を受けるため、中央値を参考にするといいでしょう。
 
近年の物価高や老後の生活費を考慮すると、老後のため十分な貯蓄をしておきたいと考える方も多いかもしれません。
 
40代の場合、多くの方が定年退職を迎える60代まで、あと20年間以上あります。そのため、20年間で収入をどのように貯蓄に回していくかの計画を立てることが重要といえるでしょう。
 

各出費別の理想的な貯蓄割合はいくら?

各出費別の貯蓄割合を考えるときに役立つ、理想の比率が存在します。家計の黄金比は、「50(食費など生活必需品):30(交際費などぜいたく費):20(貯蓄)」が理想的であるといわれています。
 
この比率に基づいて家計を振り分けると、毎月の収入の2割を貯蓄に充てることができます。ご自身の手取り収入を上記の割合に分けてみることをおすすめします。また、手取り収入を振り分け、支出を記録しながら生活することで、これまでの支出傾向を知ることもできるでしょう。支出の傾向を知り、浪費がないか探してみましょう。
 

家計の支出を振り返り、比率を参考に貯蓄する割合を検討しましょう

上記調査より40代単身世帯の平均貯蓄額は657万円、中央値は53万円であることが分かりました。平均貯蓄額は極端に貯蓄が多い層により値が上がっている可能性もあるため、中央値を参考にすることをおすすめします。
 
以上の平均貯蓄額、中央値を見ると「老後の資金としては不足している」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。老後に向けての20年間、家計の黄金比率を参考にして収入を振り分け、2割程度の貯蓄を目指してみることをおすすめします。
 

出典

金融広報中央委員会 知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和4年)表番号4
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー