夫婦ともに高所得なカップルを「パワーカップル」と呼ぶことがありますが、その対義語である「ウィークカップル」という言葉も聞いたことがあると思います。   「ウィークカップル」は、夫婦ともに低所得である場合に使われることがある言葉です。   しかし、その定義については「よく知らない」という人も多いのではないでしょうか。   本記事では「ウィークカップル」の定義とともに、共働き世帯の平均年収や、世帯年収を上げるための方法についてもご紹介します。

「ウィークカップル」の定義とは?

厚生労働省の関連資料によると、いわゆる「低所得者」の定義は「住民税世帯非課税」であるとされています。
 
低所得世帯が増えている背景には、景気の悪化や高齢化などが挙げられます。
特に、日本の高齢化問題は深刻な状況になっているため、今後も低所得世帯は増加し続けることが予想できるでしょう。
 

共働き世帯の平均年収は?

総務省統計局「家計調査(家計収支編)」によると、2022年における共働き世帯の1ヶ月の平均実収入は69万2664円で、年換算すると831万1968円です。
 
夫のみが働いている世帯の実収入は56万4210円、年換算すると677万520円ですので、共働きのほうが154万円以上、年収が高いことが分かります。
 
また、共働きの夫婦と子ども1人の世帯の場合、1ヶ月の平均実収入は71万4133円で、年換算すると856万9596円です。
 
子ども2人の世帯の場合、1ヶ月の平均実収入は70万9168円ですので、年換算すると851万16円となります。
 

世帯年収を上げるためにはどのような方法がある?

世帯年収が300万円ですと「ウィークカップル」に該当する可能性があるため、まずは平均年収を目指して、世帯年収を上げる方法を考えるといいかもしれません。
 
夫婦のどちらかがパートや派遣社員などの非正規雇用で働いている場合は、正社員として働いたり、副業したりすることも検討するとよいでしょう。
 
同時に、支出から削減できる固定費がないかを調べてみることをおすすめします。
 
特に、通信費や保険料などは、見直すことで節約につながる可能性があります。
 

世帯年収300万円は「ウィークカップル」にあてはまる可能性がある

一般的に、年収300万円以下の世帯が「低所得者」と認識されるため、共働きで年収300万円以下の夫婦は「ウィークカップル」になる可能性が高いでしょう。
ただし、現在の生活において不満がない場合は、無理に年収を上げないという選択肢もあります。
 
一方で、世帯年収をアップさせて「ウィークカップル」から抜け出したい場合は、働き方を変えて収入を増やしたり、固定費を節約して支出を減らしたりすることも考えてみてはいかがでしょうか。
 

出典

厚生労働省 少子化の進行と人口減少社会の到来 関連資料 住民税世帯非課税の対象者等(27ページ)
総務省統計局 家計調査 / 家計収支編 二人以上の世帯 詳細結果表 <用途分類>1世帯当たり1か月間の収入と支出 表番号3-11 妻の就業状態,世帯類型別 勤労者世帯・勤労者世帯(うち世帯主が60歳未満)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー