50代は、これまで着実にキャリアを積み、年収のピークを迎える方も多い年代です。   しかし、まもなく「老後」と呼ばれる60代を目前にして、老後はいくら貯蓄があればよいか気になる方もいらっしゃるかもしれません。   また、ほかの50代の方の貯蓄額を知りたいという方もいらっしゃるでしょう。   本記事では、50代の平均預貯金額や、保有する金融資産額・種類をご紹介します。   ぜひ今後の貯蓄の参考にしてみてください。

50代の平均「預貯金額」は?

金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、50代単身世帯、また二人以上世帯の平均預貯金額は表1の通りです。
 
表1

世帯状況 預貯金額
単身世帯 374万円
二人以上世帯 508万円

※金融広報中央委員会 知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]、[二人以上世帯調査]」を基に筆者作成
 
二人以上世帯の預貯金額のほうが単身世帯よりも130万円ほど預貯金が多いことが分かります。二人以上世帯においては、収入を得る方が多いことで預貯金額が増えている可能性があります。
 
また表1より、50代で「貯蓄100万円」は単身、二人以上のいずれの世帯と比べても貯蓄額が少ないといえるでしょう。
 
次章では、50代の方が預貯金以外にどのような金融資産を持っているかについてもご紹介します。
 

50代の方が保有する金融資産の種類は?

同調査によれば、50代の方が保有する金融資産の種類は表2の通りです。
 
表2

金融資産項目 単身世帯 二人以上世帯
金銭信託 8万円 16万円
生命保険 95万円 176万円
損害保険 14万円 21万円
個人年金保険 76万円 109万円
債券 17万円 18万円
株式 285万円 242万円
投資信託 116万円 86万円
財形貯蓄 29万円 56万円
その他金融商品 35万円 21万円

※金融広報中央委員会 知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]、[二人以上世帯調査]」を基に筆者作成
 
表2より、いずれの世帯も、ほぼ同じような割合で分布していることが分かります。
 
いずれの世帯も、株式が最も多く、世帯によって生命保険や投資信託が続いています。
 
株式や投資信託を保有することでの売却益や配当金などを期待しつつ、生命保険などの生活の安心につながる資産も確保しているといえるでしょう。
 

貯金額を殖やすための計画を立てましょう

50代の方で貯蓄が「100万円」の場合、単身世帯・二人以上世帯のいずれも同じ世代の方に比べて貯蓄額は少ないことが分かりました。
 
年収がピークを迎える方も多いため、あらかじめ貯蓄の割合を定めて計画的な貯金をすることをおすすめします。
 
預貯金を殖やし、余裕ができてきたら、金融資産の保有や活用をするのもいいでしょう。
 
しかし、金融資産のなかには元本割れなどのリスクの高いものもあります。
 
そのため、個人向け国債などリスクの低い金融資産からの検討をおすすめします。
 

出典

金融広報中央委員会 知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和4年)表番号6
家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年)表番号6
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー