終身雇用や年功序列制度が当たり前ではなくなり「年金と退職金があれば悠々自適な生活ができる時代は終わった」といっても過言ではありません。   生涯現役で定年を迎えても仕事を辞めないケースも増えましたが、本音をいえば「老後は年金だけで生活したい」と考える人も多いのではないでしょうか。   本記事では、現在40歳会社員で月収30万円あり、平均寿命に近い80歳まで生きると仮定した場合に、65歳定年時点で預貯金がいくらあれば年金だけで生活できるのか解説します。   今回のケースでは、老後は単身で生活し、国民年金や厚生年金保険料の未納や納付猶予などはないものとします。

65歳以降必要な生活費は毎月20万円以上?

老後にいくら収入があれば生活を賄えるのか把握するためには、65歳以降の生活で発生する支出規模を明確にする必要があります。65歳以上の単身無職世帯の支出規模は総務省統計局のデータで確認することができ、2022年は15万5495円です。
 
この数字はあくまで平均値であり、これ以外に、大きな病気やけがをして病院に通わなければならない事態に直面したり、冠婚葬祭や家電製品の買い替えをしたり、国内外の旅行などで出費が重なるケースも考えられます。
 
これらを総合的に考慮すると、老後1人暮らしをする場合に毎月20万円近くの生活費がかかる可能性があることが分かります。もちろん生活レベルによって数字が大きく変化することもあるため、自身のライフスタイルにあわせてシミュレーションする必要があります。
 

65歳からもらえる年金額はいくら?

老後に受け取れる年金は主に老齢基礎年金と老齢厚生年金です。前者は収入や働き方にかかわらず国民年金保険料を納付して受給資格を満たせばもらえるもの、後者は厚生年金の加入期間や納付する保険料の規模によって受け取れる年金額が変化します。
 
今回は22歳で就職して65歳まで43年間厚生年金に加入、平均報酬額は30万円で変化せずに報酬比例部分のみで年金額が決まるとします。報酬比例部分は加入時期によって大きく2つの計算方法が存在します。


・(2003年3月以前)平均標準報酬月額×7.125/1000×2003年3月までの加入期間の月数
・(2003年4月以降)平均標準報酬額×5.481/1000×2003年4月以降の加入期間の月数

今回は、2003年4月以降に厚生年金に加入しているため、後者の計算式が全て適用されます。平均報酬額と加入期間に当てはめて計算すると、年金額は年間で約84万8458円となり、月額ベースでは約7万700円受け取れる計算です。
 
老齢基礎年金額は2023年度の場合月額6万6250円となっているため、あわせて約13万6950円もらえます。
 

年金だけでは赤字! 必要な貯金額は?

仮に65歳以降に必要な生活費は毎月20万円、受け取れる月額年金額は13万円としましょう。年金だけでは7万円の赤字となるため、預貯金などでカバーしなければなりません。
 
80歳まで生きる場合は15年間の生活資金を確保しなければなりません。毎月7万円の赤字となるため、年間で84万円、15年間合計では1260万円用意する必要があります。
 

まとめ

本記事では40歳会社員・月収30万円で平均寿命の80歳まで生きる場合、65歳定年時点で貯金いくらあれば年金だけで生活できるのかを解説しました。
 
今回示した内容はあくまでシミュレーションであり、実際の数字はそれぞれの働き方や収入規模などによって変わります。また、物価上昇や社会保険制度の変更などで実質資産が目減りしてしまう可能性もある点は注意しましょう。
 

出典

総務省統計局 家計調査報告(家計収支編)2022年(令和4年)平均結果の概要
日本年金機構 は行 報酬比例部分
日本年金機構 令和5年4月分からの年金額等について
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー