圧力鍋は、使い方が難しく高価だと考えている方もいらっしゃるでしょう。 圧力鍋を正しく活用することで、調理時間が短縮できて、結果として、ガス代の節約につながるかもしれません。   そこで今回は、圧力鍋の正しい使い方を解説しながら、普通の鍋の場合と比べて、ガス代がどれくらい変わるのかを紹介します。 圧力鍋の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

圧力鍋と普通の鍋の違いとは?

圧力鍋とは、ふたを密閉することで鍋の中に圧力をかけながら、高温で調理できる鍋です。
密閉された鍋の中で、水蒸気が膨張することによって圧力がかかります。
普通の鍋における水の沸点は100度ですが、圧力鍋は約120度まで温度を上げられるといわれています。
 
高温かつ高圧で調理することで、普通の鍋を使うよりも短時間で具材に火を通すことが可能です。
そのため、調理時間を1/3〜1/4ほどに短縮できるでしょう。
 

圧力鍋と普通の鍋と1ヶ月のガス代はどれだけ違うの?

調理時間を短縮できる圧力鍋ですが、その分ガス代も安くなることが期待できます。
実際にどれだけの節約につながるのかを、検証してみましょう。
 
なお、ガスコンロのガス代を求める計算式は、以下の通りです。
 
ガスコンロの火力(キロワット)×3.6(メガジュール/時間)×使用時間÷ガスの発熱量(メガジュール/立方メートル)×ガス代単価(円/立方メートル)
 
今回は、カレーを作ったときのガス代を計算します。
 

【条件】

●弱火:0.38キロワット
●中火:1.68キロワット
●強火:2.97キロワット
 
●ガスの発熱量(都市ガスの場合):45(メガジュール/立方メートル)
●ガス単位料金(東京ガス:一般契約料金B表2024年1月検針分の場合):143.88 (円/立方メートル)

 
実際に双方でのガス代を算出してみましょう。
 

普通の鍋を使用した場合

普通の鍋でカレーを作る場合、表1の工程と時間がかかります。
 
表1
 

 
※筆者作成
 
表1の流れで、ガスコンロにかかるガス代を計算すると、約12.9円となりました。
なお、弱火〜中火の場面では「中火」、時間は長い方で計算しています。
 

圧力鍋を使用した場合

圧力鍋の場合は、表2の工程と時間がかかります。
 
表2
 

 
※筆者作成
 
表2の流れで圧力鍋にかかるガス代を計算すると、約6.6円となりました。
普通の鍋の約半分のガス代で、カレーが作れます。
 
なお、カレーを作る際にかかる時間は、食材や作る量などによっても変動するため、あくまでも目安として参考にしてください。
 

圧力鍋の価格と使用する際の注意点

圧力鍋の価格は製品によって多少異なりますが、1万円台から購入できます。
機能によっては上記の価格よりも高い製品もあるため、予算やライフスタイルに合ったものを選びましょう。
国が定めた基準を満たしている「PSCマーク」がついているものを選べば安心です。
 
また、調理時間が短縮できて節約にも効果がある圧力鍋ですが、以下の点に注意が必要です。
 

●圧力が抜ける前にふたを開けない
●加圧するときは指定量の水を入れる
●空だきしない
●鍋に入れる材料は必ず規定量以下にする
●カレーやシチューのルウなどは必ず圧力調理後に入れる

 
取扱説明書を十分に理解して、正しい方法で使用しましょう。
 

圧力鍋は調理時間が短縮できて節約に効果的

圧力鍋は、普通の鍋と比べて調理時間を短縮できるだけではなく、ガス代の節約にも効果的です。
今回の検証結果では、普通の鍋にかかるガス代の約半分で調理できることが分かりました。
 
忙しい日々の生活に余裕を持たせるためにも、圧力鍋は優れたアイテムになるでしょう。
 

出典

東京ガス株式会社
 ガス料金表(家庭用/業務用・工業用 共通)一般契約料金B表

 都市ガスについて 都市ガスの種類・熱量・圧力・成分

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー