夫婦で結婚式に参列する際のご祝儀は、一般的に5万円ほどといわれていますが、新郎新婦との関係性によっても異なります。   今回は、夫婦で参列したときのご祝儀の相場や、ご祝儀を準備するときのマナーについて解説します。 夫婦で結婚式に参列する予定のある方は、ぜひ最後までお読みください。

夫婦で参列した際のご祝儀の相場

ご祝儀とは、結婚式の場でお世話になっている方々に対して贈る謝礼としての意味合いがあります。
一人で参列する際には、3万円ほどを包む場合が一般的です。
 
ウェブスターマーケティング株式会社の調査によると、夫婦二人で出席する場合のご祝儀で最も回答が多かったのは、「二人の連名で5万円」とのことです。
 
結婚式のご祝儀では「割り切れる=別れる」との理由から、偶数を避ける風習があります。
そのため一人で参列するときには3万円でも、夫婦では6万円ではなく5万円としている場合が多いと考えられます。
 
ただし、偶数でも縁起がよいとされている数字もあるようです。
例えば、8万円は「末広がり」として縁起がよく、10万円は切りのよい数字であるため、使用しても問題ないとされています。
 
反対に、奇数でも9万円は「苦」を連想させるため、避けましょう。
 

ご祝儀袋の選び方や渡し方のルール

ご祝儀の相場が分かったところで、次にご祝儀袋の選び方や渡し方のルールを解説します。
いつ結婚式に招待されてもいいように、事前に知っておくとよいでしょう。
 

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋は、中に入れる金額によって選ぶべきものが変わります。
 
ご祝儀が5万円の場合は、高級さを感じられるものがおすすめです。
のしや水引は立体的で、派手なものにするとよいでしょう。
ご祝儀袋の価格相場は、300〜400円ほどです。
 
一方で、ご祝儀が5〜10万円の場合は、上記よりも豪華な作りのものが適しています。
壇紙(和紙)が二段重ねになっており、鶴や亀などの飾りがあしらわれたものがよいでしょう。
ご祝儀袋の価格相場は、400〜500円ほどです。
 

ご祝儀の渡し方

結婚式の受付でご祝儀を渡す際には、袋をむき出しでバッグから出すことはマナー違反です。
ふくさもしくは、小さな風呂敷などに包んで持参します。
 
さらに、ふくさや風呂敷の柄にも配慮することが好ましいでしょう。
無地のものがよいとされていますが、柄物を使用するのであれば、おめでたい席ですので、松竹梅や寿などがよいでしょう。
対して、しま柄や格子柄は普段使い用の柄とされているため、避けたほうが無難です。
 
ふくさにはさまざまな種類があるため、使い勝手のよさはもちろん、上記のマナーを意識したうえでデザインを選びましょう。
 

夫婦で結婚式に参列する場合のご祝儀の相場は5万円

夫婦で結婚式に参列する場合のご祝儀の相場は、5万円ほどであることが分かりました。
そのため、今回のケースである夫婦連名で3万円は、相場よりも少ないといえるでしょう。
 
また、ご祝儀の金額によって選ぶご祝儀袋が異なったり、渡す際のマナーが決まっていたりします。
結婚式に参列する際には、今回ご紹介したマナーに配慮して、失礼のないよう注意しましょう。
 

出典

ウェブスターマーケティング株式会社 LoveMA!【結婚式ご祝儀の相場】皆はいくら包んだ?出席者300人アンケート調査

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー