最近はコンビニの駐車場にも電気自動車用のスペースが増えてきました。環境に優しいことやメンテナンスコストが安いことなど、電気自動車にはさまざまなメリットがあります。全国的な普及やインフラ整備も進んでいることから、今後ガソリン車から電気自動車に乗り換えようと考えている人も多いのではないでしょうか。   そこで今回は、ガソリン車と電気自動車それぞれのメリットとデメリット、ガソリン車から電気自動車に乗り換えた場合に燃費はどれだけ節約できるのか、詳しく解説します。

ガソリン車と電気自動車、それぞれのメリットとデメリット

まずはガソリン車と電気自動車それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。
 
まず、ガソリン車のメリットとして挙げられるのは、ガソリンスタンドが広く普及していることや給油時間が短いこと、車種や価格帯が豊富であることです。一方、ガソリン車はガソリンの燃焼によるCO2排出があるため環境負荷が高いことがデメリットです。
 
電気自動車のメリットとしては、排出ガスを出さないために大気汚染を減らせることが挙げられます。また、電気自動車はガソリン車のようにエンジンやトランスミッションなどの複雑な部品がないため、メンテナンスが容易です。
 
ただし、一部の地域ではまだ充電ステーションが不足している可能性が高く、充電に時間がかかることも多いです。長距離を移動する場合には、よく計画を立てる必要があります。また、補助金などがあるものの、電気自動車はガソリン車に比べて購入価格が高めなことも、デメリットとして挙げられるでしょう。
 

ガソリン車と電気自動車、それぞれの燃費はいくら?

それでは、ランニングコストという観点から見た場合、ガソリン車と電気自動車ではどのような差があるのでしょうか。
 
まずはガソリン車の燃費について計算してみましょう。例えば、トヨタカローラの1.5Lガソリン車の場合、燃費はWLTCモードで1リットルあたり18.1〜19.4kmです。毎月300kmを走行すると想定した場合、およそ16リットル必要になります。ガソリン価格が1リットルあたり160円だとすると、毎月2560円の燃費がかかる計算になります。
 
電気で動く電気自動車の場合、かかるのは燃費ではなく電費です。例えば、テスラのモデル3 RWDは1kmあたり123Whで走行します。ということは、300km走行するために必要な電力量は36.9kWhです。1kWhの目安単価を31円だと仮定すると、およそ1144円かかる計算になります。
 
つまり、ガソリン車であるトヨタカローラの燃費と電気自動車であるテスラのモデル3 RWDの電費を比較するとテスラのモデル3 RWDの方が毎月およそ1400円安くなるというわけです。1年だと約1万7000円の節約になります。
 
ただし、これはあくまでも理論的な計算にすぎません。実際にかかる燃費や電費は、実際のガソリン代や電気代、料金プラン、自動車の運転方法や道路状況、車両の状態などによって異なるため注意が必要です。
 

電気自動車だと年間1万7000円ほど節約できる!

ガソリン車と電気自動車とでどれだけの燃費や電費がかかるのかは、車種や料金プラン、運転状況などさまざまな要素によって変わります。しかし、一般的には、電気自動車の方がガソリン車よりもランニングコストは安くなるでしょう。
 
トヨタのカローラとテスラのモデル3 RWDを比較した場合、大まかな計算では、毎月300kmの走行でおよそ1400円の差が出ます。テスラのモデル3 RWDの方が、年間で1万7000円ほどの節約になります。とはいえ、一部の地域ではまだ充電ステーションが不足している可能性が高いです。自分の生活環境を振り返ったうえで、合った方を選択するのがよいでしょう。
 

出典

公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会 よくある質問 Q&A
トヨタカローラ博多 カローラシリーズの燃費は?車種・グレードの違いや比較、安全・走行性能も解説!
TESLA Model3
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー