高速道路を利用する際は、料金所をキャッシュレスでスムーズに通過できるETCが便利です。   しかし領収書が必要だからと、わざわざ現金で支払いをしている方もいらっしゃるようです。実は、高速道路でETCを利用した場合に、後から過去利用分の証明書・明細書をダウンロードして印刷できる方法があるのです。   そこで今回は、仕事で高速道路を利用する方にとって便利な、ETC利用照会サービスをご紹介します。

ETC利用照会サービスとは?

ETCには、高速道路の料金所で停止することなく、キャッシュレスでスムーズに通過できるというメリットがあります。
 
その一方で「仕事で高速道路を利用するので領収書が欲しい」「領収書がないので交通費の精算が煩雑になりやすい」などと、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。そのような方にとって便利なものが、ETC利用照会サービスです。
 
これは、ETCカードを利用した走行の明細を、インターネット上で確認できるサービスで、登録および年会費は無料で利用できます。
 
新規登録に必要なものは、以下の通りです。

・ETCカード番号
 
・メールアドレス
 
・過去の利用年月日
 
・車両番号
 
・車載器管理番号(ETC車載器ごとに付けられている19桁の番号)

登録をすると、ユーザーIDとパスワードが発行されますので、それを使ってETC利用照会サービスにログインして、利用証明書を発行します。
 
利用証明書・明細はPDF・CSVファイルで出力し、保存したり印刷したりできます。
 

利用履歴の確認はETC利用履歴発行プリンターでも可能

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアには、インフォメーションや売店にETC利用履歴発行プリンターが設置されている所があります。これは、ETC利用履歴を紙で発行できるプリンターで、ETCカードに記録されている履歴を読み込んで、ETC利用明細書を無料で印刷できます。
 
ただし、走行中の利用明細については、料金が確定していないため、利用明細の印刷はできません。
 

ETCの利用証明書はインボイス制度に対応している?

インボイス制度が開始されたことに伴い、インボイスに対応している領収書が必要な方もいらっしゃるでしょう。ETCクレジットカードを利用した場合に限り、ETC利用照会サービスで発行する利用証明書は、インボイスに対応しています。
 
ただし、利用料金が確定された状態で発行されていることが必要です。
 
ETCコーポレートカードやETCパーソナルカードを利用した場合は、月に1回発行される請求書がインボイスに対応しています。
 
サービスエリアやパーキングエリアでETC利用履歴発行プリンターを使用した場合は、インボイス要件を満たさないため、注意が必要です。
 

ETCの領収書が欲しい場合はETC利用照会サービスを活用しよう

仕事で高速道路を走行して、ETCカードを利用した場合は、ETC利用照会サービスを活用することで、利用証明書・明細書を発行できます。
 
ETCクレジットカードを使用して、利用料金が確定した状態で発行した利用証明書であれば、インボイスにも対応しています。ETCの領収書が必要な場合は、ETC利用照会サービスの利用証明書を活用するといいでしょう。
 

出典

東日本高速道路株式会社 中日本高速道路株式会社 西日本高速道路株式会社 首都高速道路株式会社 阪神高速道路株式会社 本州四国連絡高速道路株式会社 ETC利用照会サービス ETC利用照会サービスとは?
ETC利用履歴発行プリンターのご案内
ETCクレジットカードを利用した高速道路利用に係るインボイス対応について
阪神高速道路株式会社 ETC便利ブック ETC 利用照会サービスのご紹介!(4〜9ページ) ETC利用履歴発行プリンタのご紹介!(10〜13ページ)
東日本高速道路株式会社 ドラぷらE-NEXCOドライブプラザ サービスエリアのETC利用履歴プリンター
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー