老後への漠然とした不安はあるけれど、どれくらいお金が必要なのかが分からずに、貯金ができていないとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。適正な貯蓄額は人によって異なりますが、まずは、同じ年代の方がどれくらいのお金をためているのかを知ることが大切です。   そこで今回は、40代の平均貯蓄額を解説します。さらに、40代からでも始められる貯蓄方法をご紹介しますので、お金に対して不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてください。

40代の平均貯蓄額と中央値

ここでは、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(令和4年)」を基に、40代の平均貯蓄額(金融資産保有額)と中央値を見てみましょう。それぞれの値を、表1にまとめました。
 
表1
 

40代の貯蓄額 平均値 中央値
単身世帯 657万円 53万円
二人以上世帯 825万円 250万円

 
※金融資産を保有しない世帯を含む
※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]/[二人以上世帯調査](令和4年)」を基に筆者作成
 
表1を見てみると、単身世帯よりも二人以上世帯のほうが、貯蓄額は平均値・中央値ともに多いことが分かります。単身世帯の平均値と中央値の差が大きいのは、高額資産保有世帯によって平均値が引き上げられているためだといえます。
 
そのため、貯蓄額として参考にしたいほうは「中央値」です。単身世帯で53万円、二人以上世帯で250万円の貯蓄であれば、割と現実的といえるでしょう。
 

40代で「貯蓄ゼロ」の割合

では今回のケースのように、40代で貯蓄がない世帯がどれだけあるのかを見てみましょう。
 
同資料を基に、40代の単身世帯と二人以上世帯における「貯蓄ゼロ(金融資産非保有)」の割合を、表2にまとめました。
 
表2
 

金融資産非保有割合
単身世帯 35.8%
二人以上世帯 26.1%

 
※金融資産を保有しない世帯を含む
※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]/[二人以上世帯調査](令和4年)」を基に筆者作成
 
それぞれの世帯でおよそ3〜4割が、貯蓄していないことが見て取れます。家庭によって、貯蓄への意識はまちまちであるといえるでしょう。
 

40代から始める効率よくお金をためる方法

40代の平均貯蓄額を知ることで、貯蓄がない方は、将来への不安が大きくなってしまうかもしれません。そこで、40代からでも効率よくお金をためる方法をご紹介します。
 

●現在の家計を把握して無駄な支出を削る
●目標貯蓄額を決める
●毎月決まった額を貯蓄する

 
まずは収支のバランスを把握して、無駄な出費がないかを確認しましょう。支出が多い場合は、固定費を見直したり生活費を節約したりして、出費を減らすことが大切です。
 
そして、自分たちの収入やこれから迎えるライフイベントを考慮したうえで、目標となる貯蓄額を決めます。ここで多くのお金をためようと考えがちですが、無理のない範囲で設定することがポイントです。無理な貯蓄方法を続けるとモチベーションが下がり、計画的にお金をためられなくなるおそれがあるからです。
 
目標の貯蓄額が決まったら、逆算して、毎月いくらためるかを決めましょう。
 

40代の平均貯蓄額は単身世帯で約660万円

40代の平均貯蓄額は、単身世帯が657万円、二人以上世帯は825万円であると分かりました。貯蓄がない方にとっては大きい額に感じられるかもしれませんが、今からでも計画的にお金をためることは可能です。
 
今回ご紹介した方法を実践して、早いうちから老後の生活に備えましょう。
 

出典

金融広報中央委員会 知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査 各種分類別データ(令和4年)
 [単身世帯調査]表番号4 金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

 [二人以上世帯調査]表番号4 金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー