独身のまま老後を迎えるにあたって、金銭面での心配を抱えている人も多いと思います。65歳で貯金が1000万円ある場合、定年後に一人で生活を送るには十分な金額といえるのでしょうか。   本記事では、65歳単身世帯の平均支出額とともに、仮に100歳まで生きた場合に1000万円の貯金と年金・退職金のみで生活費をまかなうことができるのかをご紹介します。

65歳以上単身世帯の月平均支出は?

総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編)」によると、65歳以上単身無職世帯の1ヶ月あたりの支出は15万5495円で、内訳は表1のようになっています。
 
表1

1世帯の1ヶ月あたりの支出
食費 3万7485円
住居費 1万2746円
水道光熱費 1万4704円
家具・家事用品費 5956円
被服・履物費 3150円
保健医療費 8128円
交通・通信費 1万4625円
教養娯楽費 1万4473円
その他の消費支出 3万1872円
非消費支出 1万2356円
(支出の合計) 15万5495円

※総務省統計局「家計調査報告[家計収支編]2022年(令和4年)平均結果の概要」を基に筆者作成
 
しかしこの金額はあくまでも「平均」であり、医療費や介護費など、予定外の支出が増える可能性も十分あり得るでしょう。
 

貯金1000万円、退職金、年金のみで老後生活は送れる?

同調査によると、65歳以上単身無職世帯の1ヶ月の実収入は年金を含めて13万4915円です。
 
単純計算して月に2万580円不足することになるため、仮に65歳で定年を迎えてから100歳まで生きたとして、最低でも864万3600円が必要になります。貯金が1000万円あれば賄える金額ですが、さらに退職金が入ればより余裕ができるでしょう。
 
東京都産業労働局「中小企業の賃金・退職金事情(令和4年版)」の「モデル退職金」を参考にすると、大学卒業の退職金は1091万8000円とのことです。
 

より余裕のある生活資金はいくら?

公益財団法人 生命保険文化センター「2022(令和4)年度『生活保障に関する調査』(2023年3月発行)」によると、60代にとっての「老後のゆとりのための上乗せ額」の平均額は14万7000円とのことです。
 
1ヶ月の平均支出額である15万5495円に上記の14万7000円を上乗せすると、約30万円になります。
 
ゆとりある暮らしを送るために1ヶ月に約30万円が必要と考えると、実収入である13万4915円を引くと月に16万5085円が不足する計算です。これを年に換算すると約198万円となり、100歳まで生きると仮定すると約6930万円が必要ということが分かりました。
 
貯金が1000万円あり、さらに約1000万円の退職金が出たとすると、さらに残り約5000万円の自己資金を用意しておけば、ゆとりある暮らしを送ることができるでしょう。
 

貯金が1000万円あれば平均的な暮らしを送ることは可能

65歳単身無職世帯の実支出と実収入の平均を考えると、100歳まで生きたとしても賄える可能性のある金額です。
 
退職金を含めるとさらに余裕が出るため、不測の事態が起きても対応できるのではないでしょうか。よりゆとりある暮らしを望むのであれば、貯金を殖やすための方法を考えてみるといいでしょう。
 

出典

総務省統計局 家計調査報告(家計収支編)2022年(令和4年)平均結果の概要(19ページ)
東京都産業労働局 中小企業の賃金・退職金事情(令和4年版)II.調査結果の概要(34ページ)
公益財団法人生命保険文化センター 生活保障に関する調査 2022(令和4)年度「生活保障に関する調査」(2023年3月発行)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー