わが子の高校進学に費用がいくらかかるのかがイメージできずに、不安な方もいらっしゃるかもしれません。私立高校と公立高校で、必要な金額は変わります。   そこで今回は、高校の入学時にかかる費用が、私立と公立でどれほど違うのかを比較しながら、高校入学に必要な資金について解説します。   子どもの教育費について不安がある方は、ぜひ最後までお読みください。

入学時にかかる費用の内訳

まずは、入学時にかかる費用の内訳について見てみましょう。学校によって違いがありますので、一例を以下にまとめました。

・入学金
 
・施設整備費
 
・教科書などの教材
 
・制服
 
・授業料
 
・学校納付金
 
・修学旅行積立金

私立高校と公立高校では、入学時にかかる費用の項目は異なる可能性があります。入学時にかかる費用には、入学金だけではなく、制服代や授業料なども含まれます。なお、公立高校における「施設整備費」は、国や自治体が負担していることもあるようです。
 

入学時にかかる費用の平均

入学時にかかる費用の内訳が分かったところで、実際にいくら費用がかかるのかを、私立と公立に分けて見てみましょう。
 
文部科学省の「令和3年度子供の学習費調査」によると、高等学校の初年度にかかる費用(学習費総額)は以下の通りです。

・公立高校:62万9459円
 
・私立高校:127万6978円

私立と公立の差は64万7519円と、倍以上も違います。私立と公立の費用で大きな差が見られるのは「学校教育費」です。
 
次は、学校教育費の内訳と、それぞれの費用を見てみましょう。
 
表1

学校教育費 公立 私立
入学金等 1万6143円 7万1844円
授業料 5万2120円 28万8443円
修学旅行費等 1万9556円 2万6549円
学校納付金等 3万2805円 11万5808円
図書・学用品・実習材料費等 5万3103円 6万4259円
教科外活動費 3万9395円 4万7013円
通学関係費 9万1169円 12万9155円
その他 4970円 7291円

※文部科学省「令和3年度子供の学習費調査」を基に筆者作成
 
表1の費用を見てみると、公立と私立で大きな違いがあるのは「授業料」です。
 
その差額は23万6323円にものぼり、5倍以上違います。なお、入学金のみに絞って見てみると、公立高校は1万6143円、私立高校は7万1844円と、5万5701円もの違いがあることが分かります。
 

入学時にはまとまったお金が必要! 早めに準備しよう

今回の結果から、入学時の費用(初年度分)は、公立高校と私立高校で64万7519円の違いがあることが分かりました。
 
高校進学後は、初年度だけではなく、毎年教育費がかかります。わが子の高校進学にあわせて、早めに教育資金を準備することが大切です。十分な教育資金を準備できない場合には、公立高校へ進学することで出費をおさえられます。子どもと相談しながら、将来の出費について考えましょう。
 

出典

文部科学省 令和3年度子供の学習費調査 表2 学年(年齢)別の学習費総額(5ページ目) 表4−4 高等学校(全日制)の学校教育費の支出構成(11ページ目)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー