結婚式のご祝儀に新札を用意することは、多くの人にとって重要なマナーとされています。   しかし、忙しい日常では新札を準備することが難しい場合もあります。結婚式当日に新札が見つからず焦った経験がある人も多いのではないでしょうか。本記事では、そんな時どのように対処すれば良いか解説しますので、参考にしてください。

結婚式のご祝儀に新札を用意する2つの理由

新札を用意する理由は大きく以下の2つの理由からです。
 

1. 新しい門出を祝う意味合い

新しい人生のスタートに、誰も触れていない新しいお札を用意することで、新郎新婦への祝福の意を表します。
 

2. 心待ちにしていたという気持ち

結婚式を心から楽しみにしていたという気持ちを、新札を事前に準備することで示します。
 

新札の入手方法【3選】

新札を入手する具体的な方法は主に3つあります。
 

1. 銀行の窓口で両替

平日に時間を作れる場合は、銀行の窓口で直接新札への両替を依頼することが確実です。ただし、両替には手数料がかかる場合がありますので、事前に確認が必要です。また、窓口の営業時間は平日15時までなので、平日の昼間働いている人には少々ハードルが高いかもしれません。
 
しかし、普通結婚式への参加は数ヶ月前には決まっているものでしょう。結婚式への参加が決まったら、平日有休や半日休暇を取得したタイミングなどで、早めに銀行で両替しておくことをおすすめします。
 

2. 銀行の両替機で両替

一部の銀行では、新札への両替が可能な両替機を設置しています。使用には銀行のキャッシュカードが必要になることもありますが、窓口が閉まっている時間帯でも利用可能です。
 

3. 郵便局の窓口で両替

郵便局でも新札への両替を行っている場所があります。こちらも、事前にサービスの有無を確認することが大切です。
 

結婚式当日や土日に新札を入手する方法

「ご祝儀を前もって準備するつもりが、結婚式当日になってしまった!」と、焦ってしまった経験は無いでしょうか? ここでは結婚式当日や銀行が閉まる土日に新札を入手する方法を紹介します。具体的には下記の2つです。
 

1. 式場やホテルのフロントで両替してもらう

結婚式場やホテルでは、ゲストのために新札を準備している場合があります。事前に問い合わせてみましょう。
 

2. 銀行やコンビニのATMを利用する

コンビニのATMは新札が出やすいといわれています。複数回に分けて引き出して、新札を見つける試みが有効です。
 

どうしても手に入らなかった場合の裏技

どうしても新札が手に入らなかった場合の裏技を2つ紹介します。
 

1. アイロンまたはヘアアイロンでしわを伸ばす

しわのないきれいなお札は、新札に近い印象を与えます。アイロンでしわを伸ばし、新札のようにしましょう。
 

2. ピン札で用意する

ピン札の意味は、「ぴんとしている新しい紙幣」・「シワや折り目がなくピンと張ったお札」を指します。完全な新札が用意できなくても、使用感のないきれいなお札であれば、心遣いは十分伝わります。
 

きれいな新札で心からのお祝いの気持ちを伝えましょう!

結婚式のご祝儀に新札を用意することは、新郎新婦への心からのお祝いの気持ちを表す重要なマナーです。結婚式に参加することになったら、早めに本記事で紹介した方法で新札を準備しておきましょう。
 
しかし、新札を用意できない場合でも、心遣いを示す方法はいくつかあります。大切なのは、新郎新婦に対する心からの祝福の気持ちです。きれいな新札で、あるいはきれいにしたお札で、心からのお祝いを伝えましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー