冠婚葬祭は人生の節目ともいえる大切なイベントです。結婚も例外ではないでしょう。また、自分が結婚することで、家族や親族など近しい人に影響を与えることも少なくありません。結婚式のご祝儀もその1つです。こちらの質問者は姉からのご祝儀に不満を感じており、マナー違反ではないかと憤っています。   ここでは、ご祝儀が少ないときの対処方法も含めて検証していきます。

結婚式に必要な費用とご祝儀の関係

「ゼクシィ結婚トレンド調査2023 調べ」(首都圏)によると、ご祝儀の相場は、友人・同僚:3万円、恩師:4万2000円、上司:4万5000円、親族:7万9000円となっています。
新郎新婦との関係によっても変わりますが、最も少ないのが友人や同僚、最も多いのが親族となっています。ちなみに、ご祝儀合計額の平均は199万7000円に上ります。一方、結納から新婚旅行に至るまでの結婚費用は456万9000円、そのうち、挙式・披露宴・ウェディングパーティー総額が356万3000円を占めています。
また、結婚にまつわる費用を親や親族から援助してもらえたケースは80.9%、平均金額はちょうど200万円となっています。
 
ハナユメの調査でも、ご祝儀の相場は友人:3万円、上司:3万5000円、恩師:3万7000円、親族:5万8000円になっています。友人が最も少なく親族が最も多いという、ゼクシィとの共通点がみられました。また、ご祝儀総額の平均は200万1000円、結婚式に必要なお金の平均総額は324万6000円になっています。
 

ご祝儀3万円は友人の相場

前記の2つのデータから、ご祝儀3万円は友人や同僚の相場といえます。そのため、質問者が姉からのご祝儀3万円を少ないと捉えても仕方ないでしょう。しかも、結婚式費用に約340万円かかる(2つのデータの平均)ので、ご祝儀の約200万円(同)は貴重な収入といえるでしょう。「ご祝儀」という表現にも注目です。ご祝儀は結婚式に招待された人が当日持参するお金です。「結婚祝」と間違う人もいますが、こちらは、文字どおり結婚のお祝いで、結婚式への招待の有無は関係ありません。
 
質問者の姉は結婚式に出席しているので、当然、ご祝儀扱いになります。しかも、姉1人の出席でも相場よりは少ないので、マナー違反といえるでしょう。もし、姉が既婚者の場合は、夫婦での出席か、子ども連れでの出席かによってもご祝儀額は変わってきます。
ただし、ご祝儀額を決めるときは、相場金額に出席人数を掛けるものではありません。引出物が夫婦・家族に1つの場合が多いことや子どもの年齢などを考慮するので、出席人数分よりは少な目になるでしょう。
 

姉との今後を考えて言動に注意しよう

質問者が姉のご祝儀に満足できないのは、ご祝儀の相場を把握しているからでしょう。後払いが可能な結婚式場なら、ご祝儀を結婚式費用の支払いにも充当できます。そのため、ご祝儀に期待するのも無理からぬことです。
ただ、ご祝儀への不満を直接ぶつけるのはよくありません。姉との良好な関係を続けるためにも、感情的な言動は慎みましょう。むしろ、貴重な体験が反面教師になるとプラスに捉えるとよいでしょう。また、親や姉以外の兄弟姉妹がいるのなら、話を聞いてもらうのも一案です。
 

ご祝儀3万円は友人の相場! ただし姉との付き合いがあるので慎重に

ご祝儀3万円は友人の相場であり、親族の相場(5万8000円、あるいは7万9000円)よりも少ないことが分かりました。
結婚式に掛かる費用約340万円のうち、ご祝儀で充当できる約200万円は貴重な財源です。それだけに、姉からの少ないご祝儀を腹立たしく思うのかもしれません。しかし、姉との親戚付き合いを良好に保つためには慎重に行動する必要があります。親など身近な人に話を聞いてもらってはいかがでしょうか。
 

出典

株式会社リクルート ゼクシィ結婚トレンド調査2023 首都圏
ハナユメ結婚式準備ガイド 結婚式のお金を解説!相場・自己負担・ご祝儀などの収支〜節約術まで
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー