定年退職したら今までよりも時間の融通が利きやすくなることもあり「たまには旅行もしたい」などと考える人は多いかもしれません。その際に気になるのが「お金の問題」ではないでしょうか。   定年後も再雇用や転職などで働き続けたとしても現役時代に比べると収入が減るケースは少なくありません。退職金や貯金、年金があればやりくりできるのか、それとも厳しいのか不安は尽きないかもしれません。   本記事では、退職金1500万円、夫婦合わせた年金は月額25万円もらえる場合、時々旅行を楽しむことはできるのか解説します。

老後は夫婦合わせて月額29万円かかる?

旅行しても家計に大きな影響はないのか判断するためには、夫婦合わせて老後の収支がどうなるのか明確にする必要があります。
 
老後の家計収支の状況については、総務省統計局が公表している「家計調査報告(家計収支編)」で確認できます。
 
2023年の場合、65歳以上の夫婦のみの無職世帯の家計収支は消費支出と非消費支出合わせて28万2497円となっています。つまり年金と退職金以外で収入や貯金はないものと考えると、夫婦合わせた年金月額25万円では、毎月3万円近くの赤字となる計算です。
 

半年に1回、沖縄旅行すると出費はいくら?

個人で飛行機やホテルなどを手配するパターンもありますが、今回は旅行会社が企画し、添乗員が同行するツアーに3日間程度参加すると仮定します。
 
大手旅行会社JTBが提供する「関東発沖縄 旅行・ツアー一覧」をみると、大人1人あたり5万円以上することが少なくなく、ツアーの内容や規模によっては10万円を超えるものもあります。旅行中の食事や自宅から空港までの往復交通費、土産代などは別途用意する必要があるため、実際はさらに出費が増えると思われます。
 
仮に、大人1人あたり総額10万円かかる場合は、夫婦2人で20万円、1年間に2回同規模の旅行を楽しむと40万円程度かかる計算です。
 

家計への影響は?

毎月25万円の年金以外に収入がない場合、先ほどの総務省のデータと照らし合わせると月額3万円近くの赤字となるため、1500万円ある退職金を少しずつ切り崩さなければなりません。
 
通常の赤字額が36万円、旅行に必要な支出が40万円、それぞれ年間でかかる場合、退職金は20年程度で底をついてしまいます。いまは「人生100年時代」といわれて85歳を超えても元気に暮らす人も少なくありません。仮に90歳まで生きる場合は残り5年間の生活費をどのように工面するのか考えなければなりません。
 
「数千万円の退職金があるから大丈夫」と考えるのではなく「想定を超える速さで資金が減るかもしれない」と危機感を持ったほうがいいかもしれません。赤字額を減らして旅行を楽しむためにも収入を年金に依存せず、パートやアルバイトなどできる限り働いて稼ぐことも重要といえるでしょう。
 

まとめ

本記事では、定年退職後に退職金と年金があれば半年に1回程度旅行をしても家計的に問題ないのか解説しました。
 
旅行は行き先や時期、交通手段や宿泊場所の内容などによって費用は大きく変わります。家計破綻を防止するためにも、自身や家族を含めて定年後の日常生活にかかる費用を明確にして、生活費とは別に旅行資金を貯めることをおすすめします。
 

出典

総務省統計局 家計調査報告(家計収支編)2023年(令和5年)平均結果の概要
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー