人にはいろいろな人生があります。また、働き方もさまざまなので、あえて終身雇用にこだわらなくてもよいでしょう。現職の待遇に納得できないため、転職を考えている人もいるかもしれません。ただし、退職の伝え方には気を付ける必要があります。給料に対する不満もその一つです。   ここでは、退職理由を正直に話すべきかどうかについてお話しします。

給与(月収)の手取り25万円は少ない?

国土交通省「全年齢平均給与額(平均月収)」のデータから、30歳男性の平均給与(平均月収)は35万円、同じく女性では28万8400円になることがわかりました。これらの金額と比較した限り、月収25万円は平均よりも少ないといえます。
 
ただし、質問者が提示しているのは「手取り」であり、給与額とは異なる点に注意が必要です。勤務先から従業員に支払われるのは「総支給金額」から税金や社会保険料などを差し引いた額になるからです。
 
手取りは総支給金額の75〜85%といわれています。こちらを手取り25万円に当てはめると、75%の場合は約33万円、85%の場合でも約29万円の月収があると推定できます。そのため、手取りが25万円だとしても極端に少ないとは断言できないでしょう。
 

ただし給与は転職理由での大きな位置づけに

一方、給与は転職活動の大きな理由になっています。マイナビ「転職動向調査2023年版(2022年実績)」によると、正社員の転職率は7.6%です。中でも20〜50代男性は7.9%を示しています。さらに、転職によって年収が上がった人は39.5%でした。男性20代では44.9%、同30代でも47.7%と、2人に1人が転職により給与アップに成功しています。
 
転職活動を始めた理由の「給与が低かった:12.5%」や、入社を決めた理由「給与が良い:15.4%」の存在も見逃せません。いずれも2022年のトップを占めており、看過できない数値といえるでしょう。
 
もちろん、転職活動にあたっては、新しいスキルを身につけるなど、それ相当の努力が必要です。また、給与は業界や職種、会社の規模や地域などによっても異なるため、給与に不満なだけでの退職は慎重にしたほうがよいでしょう。
 

退職に踏み切るなら理由は正直に話したほうがよい?

もし、退職に踏み切る場合、職場への伝え方を考える必要があります。自分のなかで退職理由をはっきりさせることで、新しいステージに進みやすくなるでしょう。しかし、退職理由を正直に伝えたために、職場で信頼を失うことも少なくありません。
 
退職日までには仕事の引き継ぎや保険関係の手続きなど、やるべきことが山ほど存在します。上司や同僚からの冷たい視線を受けながら退職までの日々を過ごすのは、精神的によいとはいえないでしょう。退職日を笑顔で迎えるためにも、本当の理由は避けたほうが賢明です。
 
また、転職活動でも同じことがいえます。前職(現職)の不満を正直に話すのは控えましょう。給与が少ないなどのマイナスの理由であっても、スキルアップをしたいなどプラスの理由にできる工夫が必要です。
 

退職は慎重に!理由は正直に伝えないほうが賢明

退職理由で給与面を挙げる人が多く、転職によって収入アップがかなった人がいることもわかりました。中でも、20代と30代男性は2人に1人が増収という高い数値です。一方、2人に1人は収入面で満足できていないと考えられます。このような背景もあり、転職は必ずしも成功するとは限りません。もし、転職する場合でも、退職時には本当の理由を話さないほうがよいでしょう。
 

出典

国土交通省 全年齢平均給与額(平均月額)
マイナビ 転職動向調査2023年版(2022年実績)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー