進学の際の費用をおさえるために、制服などのおさがりを検討しているご家庭もあるかもしれません。   入学時には制服代のほかにもさまざまな費用が必要になるため、おさがりをもらうことで節約が期待できるでしょう。   そこで今回は、中学校・高等学校でかかる制服代の平均額や、おさがりをもらうことでどの程度の節約効果があるのかを検証していきます。制服のおさがりを検討している方はぜひ最後までお読みください。

中学校・高等学校(全日制)の入学時にかかる制服代の平均

入学時にかかる制服代を、公立と私立に分けて見ていきましょう。
 
文部科学省の「令和3年度子供の学習費調査」によると、中学校・高等学校の入学時に必要な制服代の平均費用は表1の通りです。
 
表1

公立 私立
中学校 2万1253円 5万696円
高等学校(全日制) 2万6110円 3万6086円

※文部科学省「令和3年度子どもの学習費調査」を基に筆者作成
 
公立に比べて私立は、中学校で2万9443円、高等学校で9976円高い結果となりました。
 
入学時には制服代のほかに、入学金・学用品費・教科書や教科書以外の図書費などさまざまな費用が必要です。
 
同じく文部科学省の「令和3年度子供の学習費調査」によると、入学初年度に学校教育のために各家庭が支出する学校教育費は次の通りです。

中学校・・・公立13万2349円/私立106万1350円
 
高等学校・・公立30万9261円/私立75万362円

中学校・高等学校いずれも、入学時にはまとまった費用が必要になることが分かります。
 

おさがりの制服を利用したい人の割合

おさがりは、昔から日本にある文化です。
 
最近では制服のリユースにも関心が高まっています。
 
菅公学生服株式会社が実施した「中高生の学校制服のリユースに関する意識調査」によると、学校制服のリユース(再利用)を「良い」と思っている方の割合は87.8%(とても良い41.9%、まあ良い45.9%)にも及びます。
 
実際に学校制服のリユース(再利用)を「利用したい(着たい)」と答えた方は14.7%、「どちらかと言えば、利用したい(着たい)」が35.1%との結果が出ています。
 
学校制服のリユースを「良い」と思っている割合が8割を超えるなか、実際に利用したいと思っている方は半数ほどにとどまりました。
 
なお、利用したいと思う理由としては、「お金の節約になるから」「家庭の負担をおさえられる」などの声が聞かれています。
 
まだ着られる状態であったり、思い出の制服を必要としている人に譲ったりすることを「いいこと」と感じる人も増える一方で、誰が着たか分からないものに抵抗がある、一生に一度のため新しい制服を着たいと思うなどの理由で、制服のリユースに抵抗を感じる人もいるようです。
 

おさがりをもらった場合どれくらい節約できる?

制服のおさがりやリユースに抵抗がある場合は、運動着などをおさがりでもらうと節約が期待できるかもしれません。学校や地域により異なりますが、運動着一式をおさがりでいただくと約2万〜3万円の節約が期待できるでしょう。
 
また、特に中学校は成長期と重なるため、入学時に買った制服が小さくなってしまったなどの場合も、おさがりやリユースを活用してみてもいいかもしれません。
 

入学でかかる制服代は約2万〜6万! おさがりも上手に活用しよう

今回の結果より、入学にかかる制服代は公立や私立により異なりますが約2万〜6万かかることが分かりました。
 
制服のおさがりやリユースを活用すると入学費用の節約ができるでしょう。近年制服のリユースにも関心が高まっていますが、制服のリユースに抵抗を感じる方がいるのも事実です。
 
そんなときは制服以外で、運動着などのおさがりをもらうと入学費用の節約ができるかもしれません。お子さんと相談しながら、おさがりやリユースを上手に活用していきましょう。
 

出典

文部科学省 令和3年度 子供の学習費調査 年次統計(3)中学校
(4)高等学校(全日制)
菅公学生服株式会社 中高生の学校制服のリユースに関する意識調査【PRTIMES】
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー