公務員というとリストラなどの可能性が低いため、親世代からすると娘の結婚相手の職業としては安心できるかもしれません。また、公務員は安定した年収があるのも魅力的だと感じる人は多いのではないでしょうか。   そこで今回は、公務員の男性の平均年収や公務員と結婚するメリットについてご紹介します。

20代男性の平均給与

まずは、全職業を対象とした20代男性の給与所得者における平均給与を見てみましょう。
 
国税庁長官官房企画課が公表した「令和4年分民間給与実態統計調査−調査結果報告−」によると、20代男性の平均年収は表1の通りです。
 
表1

年齢 平均年収
20〜24歳 291万円
25〜29歳 420万円

※国税庁長官官房企画課「令和4年分民間給与実態統計調査−調査結果報告−」を基に筆者作成
 
20代といっても、20代前半と後半では年齢が上がるにつれて平均年収が上がっていることが分かります。20代前半では291万円の平均年収が、20代後半になると129万円上がり420万円になります。
 

20代男性における地方公務員の平均給与

続いて、総務省の「令和4年4月1日地方公務員給与実態調査結果」より、20代男性公務員(地方公務員、一般行政職)の月給を表2にまとめました。
 
表2

年齢 平均月給 目安年収
20〜23歳 18万1448円 395万3176円
24〜27歳 20万6117円 424万9204円
28〜31歳 23万4204円 458万6248円

※総務省「令和4年4月1日地方公務員給与実態調査結果」を基に筆者作成
 
目安年収は、各平均月給×12ヶ月に、総務省が公表する「給与・定員等の調査結果等」による、令和4年・地方公務員(東京都)の賞与(期末手当と勤勉手当)177万5800円を足して計算しています。
 
ただし上記の賞与額は、全年齢を対象としていますので、あくまで目安として参考にしてください。
 
地方公務員は、勤続年数が上がると年収が上がる傾向にあります。そのため、20〜23歳と28〜31歳では約63万円の違いが見られます。全職業を対象とした20代男性の平均年収と比べると、地方公務員のほうが高いことが分かるでしょう。
 

公務員と結婚するメリット

公務員と結婚することで考えられるメリットは以下の3つです。
 

給料と雇用が安定している

公務員は、勤続年数が増えると給料が上がる傾向にあります。民間企業のように景気に左右されたり、ボーナスカットをされたりする可能性は低いとされています。
 
また、国家公務員・地方公務員どちらも職員本人の意に反して、降任または免職されることはなく身分の保障がされているため、リストラされる可能性も低く、雇用面も安定しているといえるでしょう。
 

銀行からの信頼が厚い

公務員は安定した職業のため、銀行からの信頼が厚いのもメリットの1つといえるでしょう。
 
マイホーム購入時の高額なローンが通りやすいのも特徴です。倒産がない公務員は、社会から見ても信頼が厚い職業といえるでしょう。
 

福利厚生が充実している

公務員の福利厚生は、家賃補助や通勤手当などさまざまです。金銭面の補助を受けられると、家計にも余裕が出るでしょう。
 
また、公務員の福利厚生は家族も使うことが可能なため、保養所や運動施設などをうまく活用することで家計を安定させられます。
 

20代の地方公務員における平均年収は400万円前後

20代の公務員における平均年収は、400万円前後であることが分かりました。公務員は安定した職業で、勤続年数が増えると比例して年収も上がるため、将来的にはさらに収入があがると考えられます。
 
また、福利厚生も充実しているため、無駄遣いをしなければ安定した生活が送れるといえるでしょう。
 

出典

国税庁長官官房企画課 令和4年分民間給与実態統計調査 −調査結果報告−
総務省 令和4年4月1日地方公務員給与実態調査結果 第7表の1 職種別、年齢別、学歴別職員数及び平均給料月額
総務省 令和4年 給与・定員等の調査結果等
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー