暖かくなったり、急に寒くなったり、寒暖差が激しい季節の変わり目は、エアコン暖房をどのように使ったらいいのでしょうか。「こまめに付けたり消したり」するほうが節約になるのか、それとも「付けっぱなし」のほうが効率的なのか、悩むところです。重要なポイントは、エアコンをオン・オフする頻度や時間に関係しています。

エアコンは「付けっぱなし」が正解?

一般的に、エアコンは時間帯に関わらず、付けっぱなしのほうが消費電力が少なく、電気代も安くなる傾向にあります。 24時間付けっぱなしのエアコンと、30分間隔でオン・オフを繰り返すエアコンの消費電力を比較したダイキンの実験によると、どの時間帯であっても「付けっぱなし」のほうが、30分間隔で「こまめに付け消し」するよりも電気代が安くなるという結果が出ました。
 
例えば、日中(6:00〜18:00)は「付けっぱなし」が約211円(7.8kWh)であるのに対し「30分間隔のこまめな付け消し」は約302円(11.2kWh)です。1ヶ月(30日間)に換算すると、この時間帯だけでも約2730円の差が出ることになり、30分程度であれば「付けっぱなし」のほうが電気代を抑えられることになります。
 
エアコンが消費電力を使うのは、設定温度を保つときよりも、冷え切った部屋を設定温度まで上げようとするときです。何度も付けたり消したりすると、その分、稼働するエネルギーが消費されてしまいます。近所への買い物や犬の散歩など、短時間の外出でも留守にするならば必ずエアコンを切るという節電の心がけは、逆に電気代がかかってしまう要因になっているのです。
 

長時間の外出や就寝時はエアコンを消すのが効率的

30分以内の短時間の外出は付けっぱなしにするほうが節約になる一方で、長時間の外出時や就寝時は、こまめに付け消しするほうが経済的という結果が出ています。
 
例えば、夜間(18:00〜23:00)に2時間外出する場合「付けっぱなし」が約92円(3.4kWh)、「こまめに付け消し」が約65円(2.4kWh)で「付けっぱなし」よりも「こまめに付け消し」するほうが消費電力量が少なくなりました。
 
電気代の差は約30円ではありますが、エアコンがオフになる時間がある程度長くなると「こまめに付け消し」するほうが安くなるようです。1日(24時間)では「付けっぱなし」が約343円(12.7kWh)、「こまめに付け消し」が約313円(11.6kWh)、1ヶ月(30日間)に換算すると、約900円の差が出ることになります。
 

他の要素によっても消費電力は変化する

エアコンは30分以内の短時間の外出ならば付けっぱなしが節約になり、長時間の外出は帰宅時にオンにし直す、就寝時ならば起床時にオンにし直すのが効率的であることが分かりました。
 
ただし、エアコンの消費電力は単純に「付けっぱなし」か「こまめに付け消し」かだけで決まるものではありません。気温や天気、部屋の断熱性、室内機や室外機の設置状況などによっても大きく変化します。
 
それらのさまざまな要素も意識したうえで、付けっぱなしとこまめな付け消しを臨機応変に使い分けるのが大切です。また、季節の変わり目の目安としては、室温15℃以下であればエアコンを付けるようにするとよいでしょう。
 

エアコンの使い方は臨機応変に

エアコンを使うとき「節約したい」という意識から、こまめに消したり付けたりする人は多いでしょう。しかし、30分程度の外出であれば、エアコンをこまめに消すよりも、付けっぱなしのほうが電気代を節約できます。
 
長時間の外出や就寝時なら、エアコンを消したほうが効率的です。付けっぱなしとこまめな付け消しを必要に応じて使い分けることで、季節の変わり目であっても快適に暖房を使えるでしょう。
 

出典

DAIKIN mission5-2 冬のエアコンつけっぱなし検証!
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー