寒さや感染症対策で、なにかとインドア生活になっている方も多いのではないでしょうか。家にこもってばかりだと、先月のお正月太りもなかなかリセットできないまま……。 ところで、お正月太りって何キロくらい増えてしまうものなのでしょうか。気になるちまたのダイエット予算についてもチェックしてみましょう。

2020年、お正月太りの平均値は?

サニーヘルス株式会社が発表した、今年の「年末年始太りについてのアンケート」の結果(※1)を見てみます。
 
【年末年始で増えた体重は?】
1位:0kg 28.9%
2位:2kg 24.9%
3位:1kg 23.7%
4位:3kg 15.2%
5位:4kg  2.9%
 
まったく増えていないという理想的な人は、全体の3割弱。残りの7割強の人たちが、今年のお正月太りを経験しているということがわかりました。
 
やはり多くの人が、年末年始においしいものを食べて、ゴロゴロして、体の重さを実感しているようです。
 
【年代別 平均体重増加kg数(0kgを含む)】
・20-29歳:2.00kg
・30-39歳:2.55kg
・40-49歳:2.23kg
・50-59歳:2.03kg
・60-69歳:2.50kg
 
年代別に見ると、僅差ではありますが20代と50代の増加数が低く、30代と60代の増加数が高くなっています。
 
例えば、20代は友人と遊ぶ機会が多いためゴロ寝の時間が少なく、一方で30代は帰省や旅行などでおいしいものにありつく機会が多かった、という仮説も成り立つかもしれません。
 
上記の結果から、体重が増えたと回答した人たちのお正月太りの平均値は、2.21kgということがわかりました。うかうかしていると、薄着の季節はすぐにやってきます。早めに対処したいものですね。

ダイエットにかけられるお金はいくらまで?

いざダイエットといっても、食事制限や運動など方法はさまざま。
ダイエットに関する調査結果【ミュゼマーケティング調べ】(※2)を見ながら、ダイエット法やダイエットにかける予算についてチェックしてみましょう。
 
【実際に効果が得られたダイエット法はなんですか? ※3つまで選択可】
1位:食事制限    38%
2位:自宅での筋トレ 22%
3位:ランニング   14%
4位:ジム       8%
 
やはり1位は、手っ取り早く始められる食事制限でした。食べる量を減らす方法はリバウンドの恐れがあるため、昨今ブームの糖質制限ダイエットや、食べる順番を工夫するダイエットなどで、健康的に痩せることを目指す人が多いのでしょうか。
 
2位の自宅での筋トレや3位のランニングも、比較的お金をかけずにダイエットできる方法といえそうです。4位のジムは、ほかに比べてランニングコストがかかる方法です。
 
お金をかけて自分を律しないとダイエットが続かない、というタイプの人は、ジムに通うほうが成功率が上がるのかもしれません。
では、具体的にみなさんダイエットにいくらお金をかけているのでしょうか。
 
【目標達成のために1か月いくらお金をかけることができますか?】
1位:5000円未満 48%
2位:〜1万円   39%
3位:〜3万円   10%
4位:〜5万円    2%
5位:〜10万円   1%
 
半数近くの人が、ダイエットの予算を月に5000円未満に設定していることがわかります。3万円以上ともなると、その数はぐっと少なくなる模様。
 
エステに通ったり、マンツーマンで見てもらえるジムに通ったりなど、ダイエットに高額な費用をかけている人は、そこまで多くないのかもしれません。
 
しかし、なにかを増やすことにお金はかけても、なにかを減らすことにお金をかけるというのは、なんだか損をしている気分になってしまうことも否めません。
 
正直、ダイエットにお金をかけたいかという問いについては、「お金はかけない!(23%)」「あまりお金をかけたくない(68%)」という結果に。できる限りお金をかけずにダイエットをしたいというのが、ちまたの本音のようです。
 
まだお正月太りを解消しきれていないという人は、この機会に低予算でダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。
 
【出典】


 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事