メルペイのポイントには、キャンペーンでもらえるもの、メルカリの売上金で購入するものがあり、チャージしたメルペイ残高と同じようにいろいろなお店での支払いに使うことができます。   メルペイポイントの支払いは「キャッシュレス決済」なので、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」対象店舗では、メルペイポイントを使って支払いをしても、3%もしくは5%のポイントがたまるのでお得です。   この記事では、メルペイのポイントの使いみちや有効活用方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。  

メルペイってどんなサービス?

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」の子会社が提供しているスマホ決済サービスです。スマホ決済アプリはいろいろな種類がありますが、iD決済に対応しているメルペイはその中でも使えるお店が多く、利便性が高いことが特徴です。

メルペイのメリット

メルペイのメリットをまとめると、以下の2点です。
 
・メルカリの売上をそのまま支払いに使える
・iD決済に対応しているため、メルペイを使えるお店が非常に多い
 
メルカリの売上金を現金化して使いたい場合はいったん銀行口座に出金する必要があり、1回の出金ごとに200円の手数料もかかります。
 
しかし、メルペイを使うとメルカリの売上金をそのままスマホ決済で使うことができます。少額の売上であっても手数料が引かれずに売上金をそのまま支払いに使うことができるため、メルカリユーザーにとっては非常に便利なスマホ決済サービスになっています。
 
また、メルペイはiD決済に対応しているため、全国100万以上の店舗での支払いができます。
 
メルペイ自体に対応しているお店だけではなく「iD決済」に対応しているお店でもメルペイを使うことができるため、「スマホ決済サービスで使えるお店が少ない」と不満を感じている人でも、メルペイであれば日常生活でストレスなく支払いをすることができるのです。
 
メルペイはこのように、メルカリユーザーだけではなく、一般のスマホ決済ユーザーにとっても利便性が高いサービスといえます。

メルペイのデメリット

利用するメリットが大きいメルペイですが、デメリットもあります。
 
それは、メルペイ自体の常設のポイント還元がないという点です。PayPayやLINE Payなど大手スマホ決済サービスでは、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」のポイント還元とは他に、独自のポイント還元制度があります。
 
例えば、PayPayの場合は常時「0.5%〜1.5%還元」としていますが、メルペイにはこのような常設のポイント還元制度がないということがデメリットとなっています。
 
ただ、「メルペイフィーバー最大50%ポイント還元キャンペーン」など、高いポイント還元率のキャンペーンが頻繁に開催されていて多くのポイントを手に入れることができますので、うまく活用すると良いでしょう。

メルペイのポイントの使い道

メルペイポイントの使いみちは「実店舗での支払い」「メルカリ内の支払い」「Suicaへのチャージ(iPhoneのみ)」「メルカリスマート払いの清算」の4つです。

実店舗での支払いに利用

メルペイポイントは、メルペイ残高と同様に実店舗の支払いに利用でき、「メルペイコード支払い」「iD決済」の両方に利用できます。メルペイコード払いはQRコードやバーコードを使います。
 
また、iD決済の場合は「おサイフケータイ(Android)」や「Apple Pay(iPhoneやApple Watch)」を利用して支払いを行います。

メルカリ内の支払いに利用

メルペイポイントは、メルカリ内の買い物に利用することができます。

Suicaへのチャージに利用

iOS(iPhone)のみの対応ですが、メルペイポイントをSuicaにチャージすることができます。

メルペイポイントとメルペイ残高の違い

また、メルペイポイントとメルペイ残高はほぼ同じ意味ですが、【表1】のような違いがありますので理解しておきましょう。メルペイポイントには有効期限がありますが、期限の短いものから自動的に消費されるようになっています。
 
【表1】

メルペイポイントの還元率

メルペイポイントはメルペイ残高と同じように、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象店舗で使うと、支払い金額の3%もしくは5%のポイントが還元されます。メルペイには常設のポイント還元がないので、通常は政府が行っているポイント還元のみとなっています。
 
ただし、メルペイは頻繁にキャンペーンを行っており、それらを利用すると多くのポイントをもらうことができます。
 
例えば、2020年3月に行われていたメルペイ1周年キャンペーン「メルペイフィーバー」の中の「ドラッグストアフィーバー」では条件を満たすと、支払い金額の50%のポイントが還元されました。このキャンペーンでは
 
・1回の支払い上限が500ポイント
・キャンペーン期間中の還元上限が3000ポイント
 
となっているので、期間中に1000円以上の買い物を6回行うと、合計3000円分のポイントが還元されるというとてもお得なキャンペーンとなっていました。また、4月中は、「毎週おトクなd曜日★キャンペーン」、「セブン銀行 ATM チャージキャンペーン」が実施されています。
 
このように、メルペイでは常設のポイント還元はないものの、お得なキャンペーンが常時開催されていますのでそれらをうまく活用するとたくさんのポイントをもらうことができます。

Q&A

メルペイは、他のスマホ決済サービスに比べてどのような違いがあるのでしょうか。ポイント還元率や使えるお店の数、チャージ方法などを比較してみましょう【表2】。
 
【表2】
 
メルペイの一番のメリットは、メルカリの売上をそのまま使えるということと、iD決済対応なので使えるお店が非常に多いということです。
 
常設のポイント還元がないことは大きなデメリットですが、キャンペーンをうまく活用すると多くのポイントを得ることができます。また、後払いに対応しているのはメルペイだけです。メルペイスマートを利用すれば、今月分の支払いを翌月にまとめることができます。

メルペイは常設のポイント還元がないものの

・メルカリの売上金をそのまま利用できる
・全国100万以上のお店でiD決済ができる
・メルペイスマート払いという後払い制度を利用できる
・お得なキャンペーンが頻繁に開催されている
 
という4点から、利便性が高くおすすめできるスマホ決済サービスであるといえます。

まとめ

メルペイのポイントはメルペイ残高と同じように「実店舗での支払い」「メルカリ内の支払い」「Suicaへのチャージ(iPhoneのみ)」「メルペイスマート払いの清算」の4つで使うことができます。
 
ただ、メルペイポイントには有効期限がありますので、期限前に忘れずに使うようにしましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事