超低金利といわれている現在において、住宅ローンの借り換えには良いタイミングです。今回は、auじぶん銀行の住宅ローン借り換えのメリットおよびその手順について解説します。

そもそも住宅ローンの借り換えってなに?

「借り換え」とは、住宅ローンの総返済額を減らすための見直し方法の一つで、新しいローンを組みなおし、現在、返済中のローンを一括で返済することを表します。

借り換えによって得られるメリット

では借り換えによってどのようなメリットがあるのでしょうか。一つずつ解説していきます。
 
1.返済額を減らすことができる
今よりも金利の低い住宅ローンに借り換えを行うことで、返済額を減らすことができます。特にほかの自動車ローンなどと比べ、住宅ローンはそもそもの借入金額が大きいため、たとえ1%の金利差であっても、総返済額への影響は大きくなります。
 
2.金利タイプを変更できる
多くの住宅ローン商品については、固定金利よりも変動金利の方が金利は低く設定されています。当初は固定金利で契約していたけれど、より金利の低い変動金利へ見直すことで、総返済額の削減につながります。
 
3.保障内容を見直すことにより、さらに保障を手厚くできる
最近では、金融機関独自で住宅ローンの保障を手厚くした商品を提供しています。今までの契約では足りていなかった部分を借り換えによって補うことで、保障をより充実させられます。

auじぶん銀行の住宅ローンでの借り換えまでの流れ

STEP 1 仮審査の申込み

1.住宅ローンマイページに登録し、仮審査の申込みを行う
2.申込完了メールを確認のうえ、メールに記載されたURLより団信の申込みを行う
3.auじぶん銀行にて仮審査完了後、登録のメールアドレス宛てに仮審査完了の案内が届くので、住宅ローンマイページにログインし、仮審査結果を確認する

STEP 2 本審査の申込み

1.仮審査の結果画面にある「上記内容で本審査のお申込みに進む」ボタンを押下し、本審査の申込みを行う
 
2.本審査時必要書類をパソコンもしくはスマートフォンでアップロードする(郵送・FAXでも提出可能)。この際必要になる書類は以下のとおりです。
 
本人確認書類
1.住民票:家族全員の記載があるもので、auじぶん銀行へ到着時点で、発行後3ヶ月以内のもの
2.運転免許証またはパスポート:有効期限内のもの
3.健康保険証(カード型/紙型):記号番号、発行元および印章がはっきりわかるもので、かつ、氏名・住所・生年月日が記載されているもの
なお、外国籍で永住許可を得ている方については、上の3つの書類以外に、有効期限内の「特別永住証明書/在留カード」が必要となります。
 
収入関連書類
収入関係書類については、その人の勤務属性について必要な書類が異なります。属性別に以下に詳しく説明します。
 
1.確定申告をしていない給与所得者:「源泉徴収票」および「住民税決定通知書または課税証明書」(いずれも直近のもの)
 
2.確定申告をしていない会社役員:「源泉徴収票」および「住民税決定通知書または課税証明書」(いずれも直近のもの)、に加え「直近3期分の会社決算書一式」
 
3.確定申告ありの給与所得者:「源泉徴収票」、「住民税決定通知書または課税証明書」、「確定申告書一式」および「納税証明書」(いずれも直近のもの)
 
4.確定申告をしている会社役員:「住民税決定通知書または課税証明書」、「確定申告書一式」、「納税証明書」(いずれも直近のもの)、に加え「直近3期分の会社決算書一式」
 
5.確定申告をしている個人事業主:「確定申告書一式」および「納税証明書」(いずれも直近3期分)
 
物件関連書類
1.戸建の場合:「売買契約書」、「重要事項説明書」、「対象物件のパンフレットもしくはチラシ」、「住宅地図(対象物件の場所・形状(家屋)が特定できる縮尺のもの)」、「工事請負契約書」のほか、工事請負契約以外の追加(変更)工事がある場合は「追加工事契約書」
 
2.マンションの場合:「売買契約書」、「重要事項説明書」、「対象物件のパンフレットもしくはチラシ」、「住宅地図(対象物件の場所・形状(家屋)が特定できる縮尺のもの)」
 
借り換えに伴う関連書類
1.現在借入中の住宅ローン返済予定表:現在残高および直近6ヶ月分の返済予定および、金融機関名・当初借入日・借入金額・期間などが記載されたもの
 
2.現在借入中の住宅ローン返済用口座の預金通帳(表紙含む):「表紙と直近6ヶ月分の返済が確認できるもの(通帳がない場合はインターネットバンキング内の「入出金明細(直近6ヶ月のご返済が確認できるページ)」を印刷したもの)」(給与(賞与)天引きを利用している場合は、天引額が記載された給与(賞与)明細・直近1ヶ月分)

STEP 3 契約手続き

1.借入中の金融機関へ連絡し、以下の内容を確認する。
完済受付可能日、抵当権抹消書類の受取可能日、受取方法、完済予定日時点の完済に必要な金額(残高・手数料・利息など)、完済金額の振込口座
 
2.契約手続きの申込み
住宅ローンマイページにログインし、借入希望日、借入金額、金利タイプなど最終の契約内容を入力する
 
3.電話での最終意思確認
登録いただいている電話番号に、auじぶん銀行より電話がかかってくるので、入力した契約内容について最終の意思確認を行う

STEP4 司法書士との面談

auじぶん銀行が選定した担当司法書士と調整し、面談場所・日時などを決定する。そのうえで必要書類を持参し、面談を行う。

STEP5 契約手続き完了

1.借入れと完済
借入日当日、契約手続時に入力した振込先へ指定金額が振り込まれる。
 
2.「抵当権抹消書類」の受領
借換元の金融機関より、抵当権の抹消に必要な書類を受け取る。
 
3.登記手続き
「抵当権抹消書類」など必要書類を司法書士に渡す(参考:auじぶん銀行住宅ローン公式サイト借り換えまでの流れ)

Q&A

住宅ローン控除とは「住宅借入金等特別控除」のことです。住宅ローンを借り入れて自宅を新築または購入した場合、要件を満たせば居住開始の年から一定期間、年末の住宅ローン借入残高の一定割合が所得税から控除され、納めた税金が戻ってきます。
 
所得税から控除しきれない場合は、住民税からも控除されます。したがって、次の要件を満たすものであれば、借り換え後の住宅ローンでも控除を受けることは可能です。
 
・借り換えた住宅ローンが、当初の住宅ローンの借り換えのためであること
・借り換えた住宅ローンが、住宅ローン控除の要件に当てはまること
 

住宅ローンの返済期間の延長は、基本的にどの金融機関であっても対応可能です。それは借り換えであっても同じこと。「年収や月収」、「返済状況」、そして「返済期間延長の妥当性」を総合して審査し、延長が妥当であると判断されれば、借入期間を延ばすことは可能です。
 

現在ペアローンで住宅ローンを組んでいる場合、auじぶん銀行へ借り換えることによってペアローンをやめ、一本化することは可能です。ただ、やめる方の住宅ローンの残高が多く、借り換えによってその方の負担分をカバーしたとなると、贈与税が発生する可能性があるので注意が必要です。
 

auじぶん銀行では連帯保証人は原則不要です。ただし、ペアローンおよび収入合算での借り換えを検討している場合は連帯保証人が必要となります。
 

auじぶん銀行住宅ローンの公式サイト内でシミュレーションができるようになっています。借り換えの際は、「ローン残高」もしくは「借り入れ中の毎月の返済額」からどのくらいのメリットが出るのかがわかるようになっています。

まとめ

住宅ローンの借り換えにおいては、総返済額を削減できることが最大のメリットですが、諸費用(手数料)がかかることや、場合によっては審査に通らないかもしれないというデメリットもあります。
 
一般的に住宅ローンの借り換えを行う方がいい条件としては、「残りの返済期間が10年以上残っている」、「返済残高が1000万円以上ある」、「借り換えた場合の金利差が今よりも0.5%以上ある」ことが挙げられます。
 
これらの条件に加え、借り換えたいと思う金融機関のシミュレーションを活用するなどして、金額的なメリットだけにとらわれず、金額以外のメリットも考慮したうえで、借り換えをするかどうか総合的に判断するようにしましょう。
 
出典




 
執筆者:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員
 
監修:高橋庸夫
ファイナンシャル・プランナー

関連記事