転職活動をする人のなかには、どの転職エージェントを利用したら良いのか悩む人も多いでしょう。転職エージェントは1社だけではなく『複数利用』もおすすめです。そこで本記事では、転職エージェントの複数利用におけるメリット・デメリット・注意点をご紹介します。

The post 転職エージェントは複数利用がおすすめ?メリット・デメリット・注意点 first appeared on ファイナンシャルフィールド.

転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントの使い分けが可能

転職エージェントのなかでも、精通している業界や所有している求人量、履歴書・経歴書の添削、面接対策のサポートなど、各社によって強みが異なります。複数の転職エージェントに登録すると、それぞれの得意なサービスを受けることが可能です。また、自分で使い分けられ効率よく転職活動が行えます。

相性の良いアドバイザーに出会える確率が上がる

転職エージェントにはキャリアカウンセラーなどプロのアドバイザーが在籍。ユーザーはアドバイザーに転職相談を行いますが、アドバイザーも人間のため相性の良しあしがどうしても発生します。
 
複数の転職エージェントに登録すると、さまざまなアドバイザーに出会える確率が上がり、自分の希望を汲んでくれるような相性が合う人を見つけられます。

さまざまな求人に出会える

各転職エージェントは対応しているエリアが異なります。また、専門性の高い求人を保有している会社もあるため、複数の転職エージェントを利用するとさまざまな求人に出会うことが可能です。また、各サービスが非公開にしている独占案件も知ることができます。
 
上記まで、3つのメリットをご紹介しました。次の章では、デメリットを解説します。

転職エージェントを複数利用するデメリット

転職活動の手間やスケジュール管理が増える

転職活動には相談・応募・面接と複数のステップを踏んで内定をもらう流れですが、利用するエージェントが増えるほど、その負担は増します。スケジュール管理が甘いと、面接や選考のダブルブッキングが発生するおそれもあります。
 
直前でのキャンセルや変更などは、自分の印象を悪くしてしまいます。特に、現職で仕事をしながら転職活動を行う予定の人は、仕事との兼ね合いもあるので、気をつけなければなりません。

さまざまな情報や意見によって迷いが生じる

複数の転職エージェントに相談すると、複数のアドバイザーの意見をもらうことになります。アドバイザーごとで意見の相違が出るケースがあるため、もらった情報で転職活動に迷いが生じる場合もあります。

優先的なサポートが受けられない可能性が上がる

複数利用しているユーザーは、優先的なサポートが受けられないケースもあります。転職エージェントは、ユーザーと企業の雇用契約が発生したときに報酬がもらえる仕組みです。そのため、複数利用のユーザーに関しては「自社の利益にはなりづらい」と判断され、優先度が落ちてしまう可能性もあります。
 
上記まで、3つのデメリットをご紹介しました。次の章では、複数利用するときの注意点をご紹介します。

転職エージェントを複数利用するときの注意点

複数利用していることを正直に伝える

複数の転職エージェントを利用していることは、正直に伝えてください。きちんと話すことで、応募した求人や面接スケジュールに考慮してもらえます。仮に複数利用していることを伝えてアドバイザーの態度が変わるようなら、その人はプロとはいえません。
 
万が一対応が良くないと感じたら、複数利用のメリットを生かして、他社の利用に切り替えましょう。    

同一求人に応募しないように気をつける

転職エージェントを複数利用すると、同一求人を提示されるケースもあります。違うエージェントから複数応募しても内定確率が上がるわけではありません。むしろ、最終的にどの転職エージェント経由で面接を行うかなど、エージェント同士がもめる可能性も高いです。
 
同一求人への応募は、転職エージェントと企業に対して迷惑をかけ、ユーザー自身の印象も悪くしてしまうので避けましょう。 

まとめ

本記事では、転職エージェントの複数利用についてメリット・デメリットをご紹介しました。メリットは、良いサービスの使い分けができ、相性の良いアドバイザーやさまざまな求人に出会える可能性が高くなることです。
 
一方、デメリットに関してはスケジュール管理の負担や情報過多による迷い、優先的なサポートが得られない、などがあります。しかし、複数の転職エージェントを利用することは、デメリットを加味してもおすすめの方法です。注意点に気をつけながら、転職エージェントをいくつか活用してみましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:髙宮幸代
国家資格・キャリアコンサルティング技能士、日本キャリア開発協会 CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)、日本イーラーニングコンソシアム e-Learning チューター、青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(株)キャリア開発事業部 特任研究員

関連記事



The post first appeared on .