「ねんきん定期便」を確認したら記載内容に一部誤りがあったというとき、どう対処すればいいかご存じですか? 滅多にあることではありませんが、ごく稀にそういったことも起こり得ます。
今回は、ねんきん定期便に漏れや誤りがあった場合の対応について解説します。

The post ねんきん定期便に漏れや誤りを発見! こんなときどうすればいいの? first appeared on ファイナンシャルフィールド.

ねんきん定期便の漏れや誤りは修正できる

ねんきん定期便の記載内容に漏れや誤りがあっても慌てることはありません。それらは修正することができるからです。修正手続き自体はそれほど難しいものではなく、大きく分けて3つの手順で完了します。
 

手順1 年金記録を充分に確認する

まずはねんきん定期便の記載内容が本当に間違っているのかを確認してください。ねんきん定期便は間違えのないよう細心の注意を払って発行されている文書です。基本的に漏れや誤りはありません。
 
特にねんきん定期便は発効から到着まで期間が空いてしまうため直近2ヶ月程度の加入履歴が反映されていないこともあります。直近の状況を確認したいという場合は「ねんきんネット」にて確認する必要があります。記載内容の間違いを確認できたら次の手順に進みます。
 

手順2 年金加入記録回答票を郵送する

次に、年金加入記録回答票という書類に追加すべき事項や修正すべき内容を記載していきます。回答票に記載しきれない場合は別途自身で用意した便せんなどに記載しても問題ありません。
 
年金加入記録回答票は35歳、45歳、59歳の方に送付される、封書のねんきん定期便に同封されています。必要事項を記入後、同封されている返信用封筒で返信してください。その他に添付書類は必要ありません。
 
なお、年金加入記録回答票は代理人が記入することもできます。病気やけが、認知症などにより本人が判断や記入をできない状況であればご家族や親族の方がご記入ください。年金加入記録回答票がお手元にないという場合は年金事務所のHP(※)からダウンロードすることもできます。
 

手順3 結果の通知を待つ

返送した年金加入記録回答票が日本年金機構に到着すると、日本年金機構において内容の確認と審査が実行されます。その後、年金機構の方で訂正手続きが実施されることになります。なお、確認と審査における結果の通知が到着するまではおおむね3ヶ月から4ヶ月程度かかることが多いようです。
 

年金記録訂正請求書による修正も可能

ねんきん定期便の記載内容の修正は年金記録訂正請求書を最寄りの年金事務所に提出して行うことも可能です。
 
この場合、必要な書類は年金記録訂正請求書の他、同意書や請求内容に関する状況が分かる資料といったものが必要になります。詳細については最寄りの年金事務所にお問い合わせください。
 

ねんきん定期便の漏れや誤りは急いで修正のための手続きを

ねんきん定期便に漏れや誤りを発見した場合、慌てずに速やかに修正手続きをとるようにしてください。放っておくと将来の年金受給に影響を及ぼす可能性があります。手続き自体はさほど難しいものではありません。
 
ねんきん定期便についての問い合わせや修正方法に疑問点がある場合は最寄りの年金事務所までお問い合わせください。
 
出典



 
執筆者:柘植輝
行政書士

関連記事




 

The post first appeared on .