2022年4月、りそな銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「日経225ノーロードオープン」の概要

りそな銀行の4月ランキング1位は、「日経225ノーロードオープン」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。3月は5.69%のプラスリターンとなったが、4月末時点における基準価額は19,300円と、3月末の20,008円に比べて約3.5%下落した。ウクライナ情勢の緊迫化や、米長期金利の上昇によって売りが優勢になったからだ。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。りそな銀行でも、株価下落局面で同ファンドに買いを入れた顧客が多かったと考えられる。5月以降も、株価が下落する局面では、同ファンドの買いが増えるだろう。

■日経225ノーロードオープン 
基準価額 19,300円
信託報酬 0.55%(年率・税込)
純資産残高 2,286.84億円

<騰落率> 
1カ月 -3.54%
3カ月   0.16%
6カ月 -6.47%
1年     -6.11%

※4月末時点

全体を見て:「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが人気

りそな銀行では、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズの人気が高く、「Dコース」が2位、「Bコース」が4位にランクインしている。「Dコース」は国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中でもっとも純資産残高が多いファンドで、4月末時点における純資産残高は1兆7,452.96億円となっている。ただ、米金利上昇によって、米国の成長株は売りが優勢になっており、4月は6.79%のマイナスリターンとなった。4月も626億円の資金流入があったが、基準価額の下落によって純資産残高は963億円減っている。5月も金利上昇懸念から売りが優勢になっているが、高水準の資金流入が続くかどうかに注目している。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  
基準価額 10,555円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,452.96億円

<騰落率>
1カ月 -6.79%
3カ月 -0.55%
6カ月 -6.84%
1年      6.89%

※4月末時点

ここに注目:「アムンディ・サステナブル・インカム・ファンド」が5位にランクイン

5位に「アムンディ・サステナブル・インカム・ファンド」がランクインしている。同ファンドは、世界の株式(MLP、REITなど含む)や債券(国債、社債、ハイイールド債など)、資産担保証券、エクイティリンク債など、さまざまな資産に投資するバランスファンドである。配当や利息などのインカムゲイン重視の投資を行い、ポートフォリオの利回りが6.48%(2022年3月末時点)と高いのが魅力だ。3月は7.78%と高いリターンとなり、4月末の基準価額も13,282円と3月末の13,114円に比べて1.2%上昇している。PERの高いハイテク株中心に株式市場は売りが優勢になっているが、同ファンドは今年に入ってもプラスリターンを確保しているので、5月以降もりそな銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■アムンディ・サステナブル・インカム・ファンド
基準価額 13,114円
信託報酬 1.58%(年率・税込)
純資産残高 161億円

<騰落率>
1カ月   7.17%
3カ月   7.78%
6カ月 10.53%
1年     14.19%

※3月末時点