2022年5月、野村証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」の概要

野村証券の5月ランキング1位は、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」だった。同ファンドは、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど米国の成長株に投資するアクティブファンドである。4月は6.8%のマイナスリターンとなったが、5月末の基準価額も10,282円と4月末の10,555円に比べて2.6%のマイナスとなった。ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は5月20日に11,035.69ポイントまで下落し、年初来安値を更新している。ウクライナ情勢の緊迫化が続いていることや、米金利が上昇しているので、PERの高いハイテク株は売りが優勢になっている。6月以降も同ファンドに高水準の資金流入が続くかどうかに注目している。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  
基準価額 10,555円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,452.96億円

<騰落率>
1カ月 -6.8%
3カ月 -0.6%
6カ月 -6.8%
1年     6.9%

※4月末時点

全体を見て:日経平均株価を対象にしたインデックスファンドが人気

野村証券では、日経平均株価を対象にしたインデックスファンドの人気が高かった。国内株を対象にしたファンドは、ネット証券ではブル・ベア型ファンドが人気だが、野村証券では低コストのインデックスファンドが人気というのが印象的だ。「野村インデックスファンド・日経225」は、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。4月は-3.5%だったが、5月末時点における基準価額は31,901円と4月末の31,388円に比べて1.6%の上昇となった。6月に入って日経平均株価は25日移動平均線や75日移動平均線を上回り、堅調に推移している。今後は、200日移動平均線を越えることができれば、先高感がでてくるだろう。

■野村インデックスファンド・日経225  
基準価額 31,388円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 602.4億円

<騰落率>
1カ月 -3.5%
3カ月  0.2%
6カ月 -6.3%
1年    -5.6%

※4月末時点

ここに注目:「eMAXIS S&P500インデックス」が3位にランクイン

「eMAXIS S&P500インデックス」が4位にランクインしている。同ファンドは、米国を代表する株価指数であるS&P500種株価指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。4月は-4.2%とマイナスリターンとなったが、5月末時点の基準価額も14,174円と4月末の14,315円に比べて約1%のマイナスとなった。米国株はウクライナ情勢の緊迫化や米金利上昇によって上値が重くなっている。S&P500種株価指数を対象にしたインデックスファンドは個人投資家の人気が高いが、6月以降も同ファンドが野村証券のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

■eMAXIS S&P500インデックス  
基準価額 14,315円
信託報酬 0.33%(年率・税込)
純資産残高 128.93億円

<騰落率>
1カ月 -4.2%
3カ月  5.6%
6カ月  3.7%
1年   18.6%

※4月末時点