2022年5月、三菱UFJ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要

三菱UFJ銀行の5月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(配当込み)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。5月は1.6%のプラスとなった。日経平均株価は5月12日に25,688.11円まで下落したが、月末にかけて米国株が上昇したことから上げに転じたからだ。三菱UFJ銀行では「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」や「三菱UFJ インデックス225オープン」などもランクインしており、日経平均株価を対象にしたインデックスファンドの人気が高い。6月以降も「eMAXIS 日経225インデックス」が三菱UFJ銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 31,980円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 448.27億円

<騰落率>
1カ月  1.6%
3カ月  3.7%
6カ月 -1.1%
1年    -4.1%

※5月末時点

全体を見て:海外株式型ファンドを中心に幅広い種類のファンドが人気

三菱UFJ銀行では海外株式型ファンドも人気だが、国内株式型ファンド、バランス型ファンド、海外債券型ファンドなど多くの投資対象がランクインしている。ランキング3位の「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」は、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど米国の成長株に投資するアクティブファンドである。5月は2.6%のマイナスリターンとなった。ロシアのウクライナ侵攻や米金利上昇によって、米国の成長株は売りが優勢になっているからだ。高水準の資金流入は続いているものの、5月の資金流入額は約394億円と4月の約626億円から約4割減少した。5月の資金流入額では「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の約700億円に抜かれ、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で2位となった。6月以降も高水準の資金流入が続くかどうかに注目している。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  
基準価額 10,282円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,405億円

<騰落率>
1カ月  -2.6%
3カ月  -1.6%
6カ月 -12.4%
1年       4.5%

※5月末時点

ここに注目:「マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)」が7位にランクイン

「マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)」が7位にランクインしている。同ファンドは、相対的に高い利回りが期待できる日本企業の円建てハイブリッド債券に投資する。ハイブリッド債券は株式と債券の両方の特性を持ち、普通社債よりも元利金の支払いが低い社債。デフォルト(債務不履行)リスクは大きいが、利回りは比較的高く、「劣後債」「劣後社債」ともいう。円建ハイブリッド債券市場では、クレジット・スプレッド(リスクに応じて上乗せされる金利)が拡大していてしばらく厳しい環境が続きそうだが、株式よりも安定的なリターンが期待できる金融商品として、6月以降も三菱UFJ銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)  
基準価額 10,297円
信託報酬 0.594〜0.770%
純資産残高 2,404.5億円

<騰落率>
1カ月 -0.22%
3カ月 -1.51%
6カ月 -1.30%
1年    0.30%

※5月末時点