2022年5月、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の5月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(配当込み)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。5月は1.6%のプラスリターンとなった。日経平均株価は5月12日に25,688.11円まで下落。しかし、月末にかけて米国でインフレ加速への警戒感が薄れ、株式市場が反発したことから堅調な動きとなった。6月に入っても国内株式市場は堅調な展開が続いているが、同ファンドが三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上に入るかどうかに注目だ。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 31,980円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 448.27億円

<騰落率>
1カ月  1.6%
3カ月  3.7%
6カ月 -1.1%
1年    -4.1%

※4月末時点

全体を見て:海外株式型ファンドが人気

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では海外株式型ファンドの人気が高かった。ランキング2位の「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」は、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど米国の成長株に投資するアクティブファンドである。4月は6.8%のマイナスリターンとなったが、5月末の基準価額も10,282円と4月末の10,555円と比べて2.6%のマイナスリターンとなった。ロシアのウクライナ侵攻や米金利上昇によって、米国のハイテク株は上値の重い展開が続いている。ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、5月20日に11,035.69ポイントまで下落して年初来安値を更新した。しばらくハイテク株などの成長株は売りが優勢になりそうだが、6月以降も同ファンドが三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  
基準価額 10,555円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,452.96億円

<騰落率>
1カ月 -6.8%
3カ月 -0.6%
6カ月 -6.8%
1年      6.9%

※4月末時点

ここに注目:「モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)」が4位にランクイン

「モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)」が4位にランクインしている。同ファンドは、世界各国の株式のうち、プレミアム企業の株式に投資するアクティブファンドである。プレミアム企業とは、高いブランド力や有力な特許、強固な販売網など競争優位性を持っている企業のことである。4月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.フィリップ・モリス・インターナショナル(アメリカ)
2.マイクロソフト(アメリカ)
3.レキッドベンキーザー・グループ(イギリス)
4.ビザ(アメリカ)
5.ダナハー(アメリカ)

4月は-0.4%のリターンとなったが、5月末時点における基準価額は32,523円と4月末の32,598円とほぼ変わらずだった。安定的なパフォーマンスをだしていることから、6月も三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし) 
基準価額 32,598円
信託報酬 1.98%(年率・税込)
純資産残高 1,612.13億円

<騰落率>
1カ月 -0.4%
3カ月  4.4%
6カ月  3.3%
1年    15.6%

※4月末時点