1995年の5月29日、日本で初めてETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)が証券取引所に上場しました。一般的な投資信託とは異なる特徴があり、今では人気商品の1つとなっています。

ETFと一般的な投資信託にはどのような違いがあるのでしょうか。本記事ではETFの概要と、少し変わったユニークなETFについて紹介します。

株式と同じように取引できる投資信託

ETFとは特定の指数に連動するよう運用される投資信託です。指数とは市場の動きを表す目安のようなもので、日経平均株価などが該当します。指数は直接買えませんが、その指数に連動するETFを買えば同じようなパフォーマンスを得られるでしょう。

ただしこの特徴は一般的なインデックスファンドにもいえます。ETF最大の特徴は取引所に上場していることでしょう。一般的な投資信託は1日に1回しか取引できませんが、ETFは取引所で1日に何度もリアルタイムに売買できます。

日本最初のETFは「日経300株価指数連動上場投信(日経300ETF)」となりました。日経株価指数300という指数への連動を目指すETFで、野村アセットマネジメントが運用しています。

【日経株価指数300の直近パフォーマンス】

※2022年は4月末まで

出所:日本経済新聞社 日経平均プロフィル 東証株価指数300

なぜ日本最初のETFに日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)が採用されなかったのでしょうか? 当時はETF制度が始まったばかりで、ルール上ETFの指数には日経株価指数300しか採用できませんでした。そのため日経株価指数300が最初のETF参照指数を務めたのです。

現在では日経平均株価指数などの国内株価指数はもちろん、外国の株価指数や金といった商品指数などへの連動を目指すETFが236本上場しています(2022年5月21日時点)。

ETFと一般的な投資信託の違い

ETFは投資信託の一種ですが、銀行などで販売される一般的な投資信託とは異なる特徴を持っています。主な違いを以下にまとめました。

【ETFと一般的な投資信託の違い】

 

一般的な投資信託は「基準価額」で、ETFの場合は「取引所価格」で取引します。前者は純資産総額を総発行口数で割ったもの、後者は取引所で売り手や買い手が実際に提示する価格のことです。

基準価額は1日1回の算出のため、同じ日に取引した人の取引単価は全て同じです。一方、ETFの取引所価格はリアルタイムで変動するため、同一日であっても取引単価は一致しません。安く買えた人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

販売会社がない点もETFの特徴です。一般的な投資信託は運用を指図する委託会社(投信会社)、資産を管理する受託会社、販売窓口の販売会社で構成されますが、取引所で売買されるETFに販売会社はありません。

販売会社がないメリットは信託報酬が低くなりやすい点です。信託報酬とは投資信託の管理費用で、投資家が負担します。信託報酬は委託会社と受託会社、そして販売会社の3社で分け合いますが、ETFには販売会社の取り分がないため低くなりやすいのです。

「変わったやつが欲しい!」方におすすめのユニークなETF

ETFは指数に連動するよう運用されるため「面白みがない」と思う人もいるかもしれません。しかしETFが参照する指数の中にはユニークなものもあります。人と違った投資をしたい場合はそのようなETFに投資してみてはいかがでしょうか。

例えば「MAXIS日本株高配当70マーケットニュートラル上場投信」は「野村日本株高配当70マーケットニュートラル指数」への連動を目指すETFです。

マーケットニュートラルとは一般に(1)値上がりが期待される銘柄への買いと(2)市場全体への売りを同時に仕掛ける戦略をいいます。市場全体の影響は(2)で打ち消されるため、(1)の銘柄が絶対的に値下がりしても市場全体に対して相対的に上がりさえすれば利益の獲得が可能です。

野村日本株高配当70マーケットニュートラル指数は(1)日本の高配当株式への買いと(2)TOPIX先物の売りを同時に行う場合のパフォーマンスを表す指数です。日本の高配当株式がTOPIXに対して相対的に値上がりすれば利益を得られるでしょう。

新しく上場したETFにも少し変わったものがあります。「iシェアーズ気候リスク調整世界国債ETF(除く日本・為替ヘッジあり)」は「FTSEアドバンスト気候リスク調整世界国債インデックス(除く日本、国内投信用、円ヘッジ・円ベース)」への連動を目指すETFで、5月25日に上場しました。

この指数は「FTSE世界国債インデックス(除く日本)」をベースにしており、世界の国債に為替ヘッジをかけて投資した場合のパフォーマンスを表します。ただし構成比はオリジナルから調整されており、気候リスクが小さい国ほど比率を引き上げ、反対に気候リスクが大きい国の比率は引き下げています。

端的にいえば「気候リスクが大きい国の国債にはあまり投資しません」というメッセージが込められている指数で、この銘柄は日本初の債券ESG(※)ETFとなりました。資産運用にサステナブルの要素を取り入れたい人は投資してみてはいかがでしょうか。

※ESG:環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。