相談者のプロフィールとお金データ

【高木 聡さん(仮名)プロフィール】
・年齢:28歳
・都道府県:愛知県
・家族構成:父・母・本人(両親と同居しているが、財布は別)
・職業:会社員(自動車部品メーカー勤務)

【寄せられたお悩み】
「一昨年から会社で企業型の確定拠出年金(以下、企業型DC)に加入しました。会社が毎月3000円出してくれていますが、そのまま定期預金に入れていました……加入以来ログインすらしておらず、『定期預金になっていた』と言う方が正しいかもしれません。
先日、会社で年1回の投資教育があり、『どうせみんな大してやっていないんだろうな』と思って隣の席の同僚に聞いたら、預金ではなく投資信託を買っていて、しかも自分でも拠出していて(毎月1万円拠出しているそうです!)※、自分の4倍もお金が増えていることが分かったんです。自分も彼のように投資信託の購入を始めてみたいものの、商品選びが分かりません……。
交際している女性がいて、2年以内の結婚を考えています。これから子どものこともあるでしょうし、60歳までまだ時間もあるし……自分でいくらまで拠出したらいいのかも分かりません」

※ 選択制確定拠出年金のこと。なお高木さんの会社の場合、会社が毎月3000円拠出、個人で拠出できる金額は5万2000円までとなっている。

【お悩みの論点】
1.同じ条件で始めたはずの企業型DCで、同僚との差がすごくついていたので自分も始めたいが、何の商品を買ったらいいのかわからない。
2.今付き合っている彼女と結婚をする予定なので、そうなると目先のお金が心配。
3.よく聞くつみたてNISAと企業型DCの違いも分からない。

資産状況や月々の収支内訳

金融資産額(運用中の投資額と預貯金を合わせた金額):150万円
内訳
預貯金:150万円
 

収支
<収入>
・世帯の毎月の手取り収入:24万円
・手取りの年収: 353万円(ボーナス3カ月分)  

<支出>
・毎月24万円

<支出内訳>
住居費・水道光熱費0万円(両親と同居のため)、小遣い10万円、交通費(ガソリン代)1万円、通信費1万円、貯金(結婚資金のため)3万円、実家へ入れるお金5万円、奨学金返済2万円、医療保険1万円、損害保険(自動車保険)1万円

高木さんがお勤めの会社は、退職金制度として企業型DCを導入していて、同期のDC口座残高を聞いたところ、高木さんの4倍もの残高になっていて驚かれたのですね。

そして、高木さんご自身も「自分の将来のことをしっかりと考えていきたい」と思って、“放置”していた企業型DCに興味を持たれたのですね。早いうちに将来のことを考えようとされたこと、素晴らしいですね。高木さんは同期の方と差がついてしまったことを後悔されているかもしれませんが、今気が付いたことが素晴らしいです。これをバネにがんばってお金を増やしていきましょう!

ライフイベントごとでお金づくりの仕組みを変える

まずは、高木さんの今後のライフイベントから考えましょう。ライフイベントとは、高木さんがこれからの人生を生きていく上で起こりうる出来事のことです。今回は、イベントに対応するお金を作っていく、税制メリットを使った仕組みづくりを考えていきましょう。

高木さんは、現在お付き合いをしている彼女がいて、その彼女と2年以内には結婚したいとのこと。その前に結婚式の費用、結婚後の住宅費用に生活費が必要になりますね。こちらについては、数年後に起こりうるイベントなので、安全性のある預金で作っていきます。

また、結婚したらお子さんのことも考えるでしょう。そうなると、教育資金作りが追加されます。こちらについては、多くの場合、ゴールをお子さんが大学の入学時を目標にしていくので、今からやれば長期間積み立てができますね。積立の途中でも解約のできるつみたてNISAを使っていきましょう。

そして、今回のご相談のきっかけとなった企業型DC。こちらで、その先の老後資金も同時に用意していきましょう。

このように、制度の性質を知り、ライフイベントに合った制度を上手に使い分けることをお勧めします。そして、効率的に楽しくお金を作っていきましょう。

今度は、さらに効率的にお金を作っていくコツをみていきます。

資金を上手に作るコツはこれ!

現在、高木さんは独身で、ご両親と一緒にお住いなので、実は、今が一番お金を貯めやすい時期であることはご存じでしょうか。

高木さんの家計簿の明細の内訳を見ると、実家に5万円入れて、奨学金の返済で2万円、あとは自分の好きにできるお金です。そのうち、近い将来のために、毎月3万円の定期預金、万が一のために生命保険の1万円、これが現在の状況です。とてもいいと思います。

今回は老後のお金も、ちょっと先の将来に使うお金も、同時に作っていく方法を考えていきます。

まずは、今回のご相談のきっかけになった、企業型DCを使っていく場合です。

高木さんの会社の場合、選択制の企業型確定拠出年金で、会社が3000円毎月拠出してくれて、個人で拠出できる金額は、5万2000円までです。

高木さんの現在の年収は、約560万円で、この先今と条件が変わらず、28歳から60歳の退職時まで会社と個人で積立をしていくこととしましょう。高木さんが2万円拠出した場合の試算をしてみました(住民税は前年度の所得によって計算されますので、2年目以降の数字になります。あくまでも概算です。)。

会社積立分
まず、会社積立分は、
3000円×12カ月×32年=115万2000円
となります。

個人積立分
個人積立分は、
2万円×12カ月×32年=768万円
の元本を積立てすることができます。

以上より、①+②=883万2000円分の元本を企業型DCで貯めていくことができます。年数があるので元本でもすごいですね。

さらに、企業型DCは、税金と社会保険料が削減されます。ただ、毎月“税金が引かれない”ということで表現されるので給与明細では削減額が見えにくいですが、下記の通り削減されます。

税金(所得税・住民税)の削減額

2万円積立てることに伴う、所得税の削減額が年間1万1800円、住民税が年間1万5800円削減され、

2万7600円×32年=88万3200円

となります。

社会保険料削減額

これに伴う社会保険料の削減額は、年間3万4572円です。よって、

3万4572円×32年=110万6304円

合計すると、③+④=198万9504円の削減額になります。これは、毎月元本5000円くらい32年間積み立てたことに相当します。よって、この削減額を原資に、つみたてNISA等を使って再投資していきましょう。経済的な感覚では、2万円貯蓄額を増やしたことで、おまけに毎月5000円のつみたてNISAができてしまう感じです。

ただ、注意したいことは、社会保険料が削減されるということは、将来受け取ることができる年金が減ること、傷病手当金等として受け取ることができる金額が減ることになるので、ご注意くださいね。

これはあくまでも一例です。それぞれの掛金については、ライフイベントの変化に合わせて楽しんで変えていってください。

商品は分散投資して!

仕組みづくりができたら、今度は商品選びです。では、どのように商品を買っていったらいいのでしょうか?

企業型DCとつみたてNISAを合わせて、分散投資をしていきましょう。商品の構成はバランスよく持つことが重要です。

どの商品を購入したらいいのか分からない場合は、バランス型という、国内外株式、国内外債券など複数の資産を投資対象としている投資信託を選ぶのも一つの手です。これを1種類買うことで、分散が叶います。

まずは、預金から抜け出すことです。商品は買い直すこともできますので、しばらくやってみて、感覚をつかんでください。楽しんでお金づくりをしていってくださったらうれしいです。