<前回まで>
長期厳選投資による投資信託「おおぶねシリーズ」を運用する「農林中金バリューインベストメンツ」の常務取締役CIO(最高投資責任者)の奥野一成氏に、キャリアのこれまでを伺いしました。奥野氏は金融コンサルを目標に日本長期信用銀行に就職、ロンドンで働きながらビジネススクールに通い金融学修士号を取得します。そのロンドン生活の中で、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資哲学にふれることになります。長期的な視点で企業経営に関わり価値を高める。そのバフェット流の長期投資やプライベートエクイティのあり方に傾倒し、帰国後のキャリアにも大きな影響を及ぼしたのです。

ロンドンから帰国後、農林中央金庫に移籍し、オルタナティブ投資の道へ

ロンドンで2年間、昼はUBSウォーバーグ証券の債券ディーラーとして働き、夜はロンドンビジネススクールの学生としてファイナンスについて勉強するという生活を送った後、日本に帰国しました。

ビジネススクールでは、企業価値評価を中心に学んだので、にも述べましたが日本でちょうど勃興し始めたばかりのプライベートエクイティファンド周辺への転職を考えていました。そもそもプライベートエクイティファンドの「企業経営の中に入っていって経営改善を行い、Win-Winで抜けていく」というやり方は、1950年代以降の日本においての企業価値を上げて儲ける「プライベートエクイティ」という言葉こそなかったものの、興銀や長銀が「長期融資」で融資先企業に対して脈々とおこなってきた「金融+コンサルティング」そのものなのだという仮説をもっていました。

対話を通じてすべてのステークホルダーがWin-Winの関係になることを目指すと奥野氏

述べた通り、私が最初の就職先に、日本長期信用銀行を選んだ理由は、日本という国を豊かにしたかったからです。

長銀が行っていた融資は、目先の資金繰りのために短期資金を貸し出すのではなく、企業の設備投資に必要な長期間の資金を貸し出し、行員は融資先企業と密接に連携をとって、財務部長などにさまざまなアドバイスをしながら、お互いにとってハッピーなゴールを目指していくというものでした。これは、まさにバフェットの考えやプライベートエクイティの手法に一脈通じるところがあります。私がバフェット流の長期投資やプライベートエクイティに傾倒していったのは、必然だったのではないかと思うくらいです

そんなことを思いながら、次のステップをどうしようなどと考えていた時、長銀から農林中央金庫に移っていた先輩から、「プライベートエクイティファンドね。それはそれで面白いかもしれないけど、それならまず農林中央金庫でプライベートエクイティファンドに投資する立場から業界全体を見渡した後にプライベートエクイティファンドに入っても遅くないよ」とアドバイスされました。「なるほど!」と思いました。

今もそうですが、当時から農林中央金庫は、プライベートエクイティやヘッジファンドなどのオルタナティブ投資分野において、相応のトラックレコード(運用実績)とレピュテーション(評判)をもっていました。その両方を担当しないかという話だったのです。

私は農林中央金庫に入れてもらい、念願のオルタナティブ投資の担当者になりました。当時は私を含めて3〜4人のチームでした。ここで私は後に繋がるとても貴重な経験をすることになります。一つ目はヘッジファンド投資での企業価値と資本市場に関する学び、二つ目はアクティビストファンドとの接点の中で得た企業との対話に関する学び、それから三つ目はプライベートエクイティ投資、特にプライベートエクイティファンドとの個別共同投資案件で得た企業投資の目線でした。

バフェットの長期投資に通じる「本物の運用者」の投資スタイル

農林中央金庫は、日本全国の農家の方々が加入している、農業協同組合のJA貯金を通じて集められたお金を、ひとまとめにして運用しています。農林中央金庫という保守的な名前の響きからは想像しにくいかもしれませんが、実に100兆円を超える総資産の多くの部分を米国国債などの債券、株式といった伝統的資産だけでなく、クレジット商品、ヘッジファンドやプライベートエクイティなどのオルタナティブ投資にも投資しています。

特にオルタナティブ投資分野では、日本の銀行としては比較的早い1996年から取り組んでいて、投資金額もさることながら、1997年のアジア通貨危機、1998年のLTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)ショックという金融危機に直面しても運用資金を引き揚げなかったことから、プライベートエクイティファンド、ヘッジファンドのマネージャー達の中では相応のレピュテーションを得ていました。

危機に際しても「逃げない長期投資家」という評判は、リターンの変動が激しく、流動性そのものを収益の源泉の一部とするオルタナティブ投資の世界では大きな差別化要因です。「長期投資家」だからこそ、米国にマネージャー訪問に行くと、普通は出てこないようなスターヘッジファンドマネージャーなどが直接にミーティングに出てきてくれます。実際に私は、シタデルのケン・グリフィン氏、キャニオンのジョシュ・フリードマン氏、元LTCMのメリウェザー氏、PEではカーライルのルーベンシュタイン氏など、本当に多くの本物の運用者とディスカッションする機会を得ることができました。これはすべて農林中央金庫のオルタナティブ投資担当者であることの特権だったと思っています。

正直なところを言うと、私は当初、ヘッジファンドに対してあまり良い印象を抱いていませんでした。日本人は今でもヘッジファンドは「巨額の資金で短期的な売り買いを繰り返しながらマーケットを壊す連中」だと思っている人が多いかと思いますが、私も最初はまさにそんなイメージを持っていたのは確かです。

でも、農林中央金庫でヘッジファンドを担当するようになり、実際に「本物の運用者」と会って話を聞く中で、徐々にその誤解が解けていきました。

なぜなら、彼らは1つの企業に投資する際、極めて綿密に企業リサーチを行ったうえで、必死に企業価値を見定める努力をし、一度投資をしたら3年、5年という非常に長い時間軸で投資するところが多かったのです。その投資スタイルは、まさに私の考えるバフェット流の長期投資そのものでした。

実際に株式投資戦略のヘッジファンドマネージャーを選択するときに、私はいつも「あなたの尊敬する他のヘッジファンドマネージャーは誰ですか?」という質問をしたものです。そうすると彼らの内の実に半分が「ウォーレン・バフェットだな」と答えるのです。日本だとウォーレン・バフェット氏は「好々爺の投資家」というイメージで、ヘッジファンドとは似ても似つかないのかもしれませんが、その辺りが日米のヘッジファンドに対する認識ギャップを感じます。

企業価値を拡大し、すべてのステークホルダーをWin-Winにする対話を

ヘッジファンド投資担当者として、アクティビストファンドへの投資も私が担当しました。当時、日本では村上ファンドやスティールパートナーズなど、第一世代のアクティビストが市場に登場した時代でもありました。もともとバフェット氏の投資を研究していた私は、投資家と企業経営者の対話が企業価値を高めるということには大賛成でしたが、アクティビストの短期的なアプローチには少しだけ違和感を覚え、企業と投資家の対話のあり方について深く考えるきっかけになりました。

アクティビストは企業経営者と対話するというよりも、自らの要求を一方的に突き付ける傾向が顕著に見られます。「配当を増やせ」、「こちらの希望する人物を役員にせよ」という話です。しかし、それは企業価値という同じパイの中で、少しでも自分の取り分を大きくしようという、企業価値の奪い合いをしているだけに過ぎません。

企業のステークホルダーは株主だけではなく、顧客・社会、従業員、債権者、国家が含まれます。それらのうち誰を優先させるかというのはナンセンスです。企業価値というパイの取り合いは誰かが勝ち、他者が損をするというWin-Loseの関係を意味します。そんな関係は長期的に持続させることはできません。それよりも企業価値というパイが拡大するような提案を行うことが長期投資家には求められるのです。そうすればすべてのステークホルダーの間でWin-Winの関係が可能になります。

これが私の目指す長期投資、投資家と企業の対話なのです。アクティビストファンドとの付き合いの中で、自分なりに考えた投資家と企業との関係性の持ち方が、今のNVICの対話スタイルを形作ったといえます。

プライベートエクイティ分野では、プライベートエクイティファンドと共同して大型案件に投資する「共同投資」を多く手がけました。これは、楽しかったのと同時に、その後のバフェット流長期投資に直接的につながる経験になりました。カーライル、ユニゾン、アドバンテッジ、ポラリスなど、日本にある殆どすべてのプライベートエクイティファンドと共同投資を行いましたが、これは将来の事業価値を見極めて「のるかそるか」を決める投資です。これこそが企業投資だと寝食を忘れて取り組み、ファンドと一緒に個別企業の将来キャッシュフローを分析するべく、産業そのものを学び直し、買収後の企業戦略の妥当性を深く考えました。そういった分析の結果をエクセルに落として、企業価値を算出することに喜びを感じました。そして将来の企業の姿に想いを馳せる、これは本当に充実した時間でした。そして、このプライベートエクイティ投資で培った企業価値評価の経験は上場株投資にも活用できるはずだと考えて、新たなプロジェクトに着手したのです。

長期投資のアクティブファンドに勝機。農林中央金庫の社内ベンチャーが始動

2007年に、農林中央金庫内で立ち上がった上場株式への長期集中投資プログラム「アルファプロジェクト」は、まさに長銀で経験した「金融+コンサルティング」、それから農林中央金庫でのヘッジファンドやプライベートエクイティへの投資経験を融合した社内ベンチャーだったのです。この「種」がその後も様々な紆余曲折を経てその後の「農林中金バリューインベストメンツ」に昇華するのですが、この時はそんな将来のことを夢想する余裕などありませんでした。

私が目指したものは「プライベートエクイティのアプローチで上場株式に投資する」というものです。まさに、企業選択という観点では、「東京証券取引所が5年間閉まっても大丈夫な企業に投資する」というバフェット型長期投資のコンセプトでした。そしてその当時は「エンゲージメント」などという言葉はありませんでしたが、長期株主として投資先の企業と長期目線での対話をすることで、将来的な企業価値の増大になんらかの貢献をすることを目指しました。

実際、その当時の日本には、同様のコンセプトで運用されているファンドは、全くといって良いほど存在していませんでした。だからこそ本格的な長期投資のアクティブファンドを立ち上げることに勝機があると思ったのです。

ある日、農林中央金庫の運用総責任者である専務がオフィスを歩いていたのをつかまえて、「専務、面白いことを思いついたのですが」と言って呼び止め、「日本のバークシャー・ハサウェイを目指して」という表題を付けたプレゼン資料を手渡しました。

そこには、投資先を選定する際の基準となる「構造的に強靭な企業」の3要件と、それに合致する企業に関する具体的な説明を書いておきました。専務はそれに目を通すと、「面白いじゃないか。Just Do It」と言ってくれました。こうして後の農林中金バリューインベストメンツの種となる「アルファプロジェクト」が産声を上げ、農林中央金庫から100億円の運用枠をもらって自己資金運用を行うようになったのです。

取材・文/鈴木 雅光(金融ジャーナリスト)