2022年6月、三菱UFJ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要

三菱UFJ銀行の6月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月の騰落率は、3.2%のマイナスリターンとなった。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。同ファンドにも、日経平均株価が急落した6月第3週(13〜17日)に買いが増えたと考えられる。7月以降も株価が急落する局面では、同ファンドに買いを入れる顧客が多いだろう。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 30,971円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 455.36億円

<騰落率>
1カ月 -3.2%
3カ月 -5.0%
6カ月 -7.5%
1年     -7.0%

※6月末時点

全体を見て:インデックスファンドが人気

三菱UFJ銀行では、日経平均株価やS&P500種株価指数などの株価指数を対象にしたインデックスファンドの人気が高かった。ランキング2位の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は、米国を代表する株価指数であるS&P500種株価指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月は2.0%のマイナスリターンとなったが、同ファンドの投資家の人気は高い。6月の資金流入額は約583億円で、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で最大だった。2022年になってパフォーマンスは悪化しているものの、7月以降も三菱UFJ銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)  
基準価額 18,301円
信託報酬 0.0968%
純資産残高 1兆2,547.79億円

<騰落率>
1カ月 -2.0%
3カ月 -7.0%
6カ月 -4.7%
1年    11.3%

※5月末時点

 

ここに注目:「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド」が5位にランクイン

「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド」が5位にランクインしている。同ファンドは、国内外の株式や債券以外に、オルタナティブ戦略など多種多様な資産に投資する。5月は0.61%のマイナスリターンとなったが、下落率は小さい。デリバティブ取引を用いているが、積極的にリスクを取るというよりは、市場環境に応じて資産配分を機動的に動かすことにより、「負けない運用」を目指すファンドだからだ。7月以降も三菱UFJ銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド
基準価額 11,814円
信託報酬 2.0%程度(年率・税込)
純資産残高 2,877億円

<騰落率> 
1カ月 -0.61%
3カ月 -0.56%
6カ月 -4.41%
1年    -3.46%

※5月末時点