2022年6月、SMBC日興証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「日経225ノーロードオープン」の概要

SMBC日興証券の6月ランキング1位は、「日経225ノーロードオープン」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。5月は1.62%のプラスリターンとなったが、6月末の基準価額は18,998円と、5月末の19,613円に比べて3.2%の下落となった。しかし、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。日経平均株価が急落した6月第3週(13〜17日)には、同ファンドに約219億円の資金流入があった。これは、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で最大だ。7月以降も、日経平均株価が下落する局面では、同ファンドに買いが入る可能性は高いだろう。

■日経225ノーロードオープン 
基準価額 19,613円
信託報酬 0.55%(年率・税込)
純資産残高 2,246.68億円

<騰落率> 
1カ月  1.62%
3カ月  3.61%
6カ月 -1.23%
1年    -4.72%

※5月末時点

全体を見て:リート(不動産投資信託)が人気

SMBC日興証券では、リート(不動産投資信託)の人気が高かった。ランキング2位の「SMT グローバルREITインデックス・オープン」は、日本を除く世界各国の取引所に上場しているリートを主要投資対象とするファンドである。6月は2.49%のマイナスリターンとなった。76.48%の比率を占める米国リートが下落したからだ。5月の米CPI(消費者物価指数)が市場予想を上回ったことから、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げペースが一段と加速するとの見方が広がったことや、米10年物国債利回りが約11年ぶりの高水準に上昇したことを嫌気したのだ。欧州や豪州のリートも下落しており、しばらく同ファンドの上値は重いだろう。

■SMT グローバルREITインデックス・オープン
基準価額 22,778円
信託報酬 0.605%(年率・税込)
純資産残高 312.79億円

<騰落率>
1カ月 -2.49%
3カ月 -8.53%
6カ月 -4.57%
1年    12.21%

※6月末時点

ここに注目:「日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド毎月分配型(米ドルコース)」が3位にランクイン

「日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド毎月分配型(米ドルコース)」が3位にランクインしている。同ファンドは、米ドル建ての新興国ソブリン債を中心に、幅広く分散投資を行うファンドである。国別投資比率は、以下の通り。

1.ブラジル 6.0%
2.南アフリカ 4.4%
3.チリ 3.9%
4.ナイジェリア 3.6%
5.メキシコ 3.3%

5月は1.48%のマイナスリターンだった。米国の利上げや10年債利回りの上昇によって、新興国債券は売りが優勢になったからだ。ただ、同ファンドの平均最終利回りは8.76%と高く、インカムゲイン狙いの投資として魅力がある。米金利上昇やロシアのウクライナ侵攻などマイナス要因はあるものの、7月以降もSMBC日興証券のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

■日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド毎月分配型(米ドルコース)  
基準価額 4,553円
信託報酬 1.76%(年率・税込)
純資産残高 142.64億円

<騰落率>
1カ月 -1.48%
3カ月  2.48%
6カ月 -1.90%
1年    -1.48%

※5月末時点