2022年6月、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の6月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。5月は1.6%のプラスリターンとなったが、6月末の基準価額は30,971円と5月末の31,980円に比べて3.2%の下落となった。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。7月以降も日経平均株価が下落するときは、同ファンドに買いが入る可能性は高いだろう。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 31,980円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 448.27億円

<騰落率>
1カ月  1.6%
3カ月  3.7%
6カ月 -1.1%
1年    -4.1%

※5月末時点

全体を見て:「eMAXIS シリーズ」が人気

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS シリーズ」が人気だ。ランキング2位の「eMAXIS 国内物価連動国債インデックス」は、国内の物価連動債に投資し、「NOMURA 物価連動国債インデックス」に連動する投資成果を目指して運用する。連動国債インデックスとは、消費者物価指数(CPI)の動きに応じて元金額や利払い額が増減する国債である。米国や欧州ほどではないが、日本でもインフレ懸念が高まっているので、インフレヘッジとして同ファンドは有効だ。7月以降も、同ファンドが三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■eMAXIS 国内物価連動国債インデックス  
基準価額 9,588円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 49.08億円

<騰落率>
1カ月 0.2%
3カ月 2.0%
6カ月 3.1%
1年    4.0%

※5月末時点

ここに注目:「eMAXISプラス コモディティインデックス」が3位にランクイン

「eMAXISプラス コモディティインデックス」が3位にランクインしている。同ファンドは、「ブルームバーグ商品指数トータルリターン(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指して運用を行う。5月末時点における商品別の組入比率は、以下の通り。

エネルギー  39.2%
工業用金属  12.7%
貴金属         15.5%
農業             28.2%
家畜               4.4%

2022年になって商品(コモディティ)価格の上昇が続いていることから、5月末時点における6カ月騰落率は51.4%、1年騰落率は65.8%と非常に好調なパフォーマンスとなっている。商品(コモディティ)に連動する投資信託もインフレヘッジとして有効で、三菱UFJモルガン・スタンレー証券ではインフレ対策として有効なファンドの人気が高い。6月末の基準価額は12,872円と5月末の13,242円から2.8%下落しているが、6月も三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

■eMAXISプラス コモディティインデックス  
基準価額 13,242円
信託報酬 0.9%程度(年率・税込)
純資産残高 191.27億円
<騰落率>
1カ月  3.3%
3カ月 32.4%
6カ月 51.4%
1年    65.8%
※5月末時点