2022年6月、横浜銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要

横浜銀行の6月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月は3.2%のマイナスリターンとなった。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。横浜銀行でも、日経平均株価が急落した6月第3週(13〜17日)に、同ファンドに買いを入れた顧客が多かったと考えられる。7月以降も、日経平均株価が下落する局面では、同ファンドへの買いが増えるだろう。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 30,971円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 455.36億円

<騰落率>
1カ月 -3.2%
3カ月 -5.0%
6カ月 -7.5%
1年     -7.0%

※6月末時点

全体を見て:インデックスファンドが人気

横浜銀行では、インデックスファンドの人気が高かった。ランキング2位の「インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)」は、米国の「NASDAQ100指数(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月は1.98%のマイナスリターンとなった。米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回り、インフレの進行が懸念されたことや、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のために金利を大幅に引き上げ、投資家が急激な金融引き締めによる景気後退への警戒感を強めたからだ。NASDAQ100指数は、今年になって売りが優勢になっているが、7月以降も同ファンドが横浜銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)
基準価額 12,433円
信託報酬 0.484%(年率・税込)
純資産残高 417.58億円

<騰落率>
1カ月   -1.98%
3カ月 -13.56%
6カ月 -15.91%
1年      -1.03%

※6月末時点

ここに注目:「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」が4位にランクイン

「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」が4位にランクインしている。同ファンドは、世界の高配当利回りの公益株に投資するアクティブファンドである。公益企業には電力やガス、通信、石油供給などの企業が含まれ、景気の良し悪しに左右されにくく、収益基盤が安定しているという特徴がある。6月は-0.46%となったが、6月末時点における6カ月騰落率は+13.63%、1年騰落率は+25.87%と高いリターンをだしている。好調なパフォーマンスなので、7月以降も横浜銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)
基準価額 2,849円
信託報酬 1.81%(年率・税込)
純資産残高 1兆569億円

<騰落率>
1カ月 -0.46%
3カ月  3.57%
6カ月 13.63%
1年    25.87%

※6月末時点