2022年6月、みずほ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「みずほグローバル・ターゲット利回り債券ファンド2022-06(限定追加型)」の概要

みずほ銀行の6月ランキング1位は、「みずほグローバル・ターゲット利回り債券ファンド2022-06(限定追加型)」だった。同ファンドは、日本、新興国を含む世界の米ドル建てまたはユーロ建ての社債を主要投資対象とし、原則として為替ヘッジを行う。そして、信託期間が約4年の限定追加型の投資信託である。6月に新規設定されたファンドで、約216億円の資金を集め、6月の新規設定ファンドの中では2番目の大きさとなった。

■みずほグローバル・ターゲット利回り債券ファンド2022-06(限定追加型)  
基準価額 9,994円
信託報酬 0.7425%(年率・税込)
純資産残高 270.93億円

※7月11日時点

全体を見て:外国株式ファンドが人気

みずほ銀行では、6月も外国株式ファンドの人気が高かった。ランキング2位の「キャピタル世界株式ファンド」は、世界の株式に投資するアクティブファンドで、5月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.テスラ(米国) 6.7%
2.マイクロソフト (米国) 4.0%
3.アルファベット(米国) 2.6%
4.台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(台湾) 2.6%
5.メタ・プラットフォームズ(米国) 2.0%

5月は1.8%のマイナスリターンとなったが、6月末の基準価額も20,009円と、5月末の20,304円に比べて1.5%の下落となっている。ただ、2007年に設定されて15年以上の実績があるファンドなので、7月以降もみずほ銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■キャピタル世界株式ファンド  
基準価額 20,304円
信託報酬 1.701%(年率・税込)
純資産残高 2,774.3億円

<騰落率>
1カ月  -1.8%
3カ月    0.4%
6カ月 -10.2%
1年      -0.5%

※5月末時点

ここに注目:「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」が4位にランクイン

「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」が4位にランクインしている。同ファンドは、個別企業の競争優位性や成長力の評価に基づき選定した質の高いと考えられる「ハイクオリティ成長企業」に投資するアクティブファンドである。ただ、5月末時点における6カ月騰落率は-28.39%、1年騰落率は-26.24%とパフォーマンスは悪い。さらに6月は約61億円の資金流出となった。これは国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で3番目の大きさである。みずほ銀行ではランキング上位に入っているものの、全体では売りが続いているファンドであり、7月以降もみずほ銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)
基準価額 22,063円
信託報酬 1.87%(年率・税込)
純資産残高 4,961.86億円

<騰落率>
1カ月  -4.01%
3カ月-13.33%
6カ月-28.39%
1年    -26.24%

※5月末時点