2022年6月、りそな銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「日経225ノーロードオープン」の概要

りそな銀行の6月ランキング1位は、「日経225ノーロードオープン」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。5月は1.62%のプラスリターンとなったが、6月末の基準価額は18,998円と、5月末の19,613円に比べて3.2%のマイナスとなった。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。日経平均株価が急落した6月第3週(13〜17日)には、同ファンドに約219億円の資金流入があった。これは、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で最大だ。7月以降も、日経平均株価が下落する局面では、りそな銀行でも同ファンドに買いを入れる顧客が多いだろう。

■日経225ノーロードオープン 
基準価額 19,613円
信託報酬 0.55%(年率・税込)
純資産残高 2,246.68億円

<騰落率> 
1カ月  1.62%
3カ月  3.61%
6カ月 -1.23%
1年    -4.72%

※5月末時点

全体を見て:「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが人気

りそな銀行では「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが人気で、「Dコース」が3位、「Bコース」が9位にランクインしている。ただ、5月の資金流入額では2位だった「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」は、6月は16位と大きく後退している。6月末の純資産残高も1兆7,538.28億円と、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で首位をキープしているものの、2位の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」との差は縮まってきている。りそな銀行でも5月の1位から6月は2つ順位を落としており、7月以降に買いが再び増えるかどうかに注目している。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  
基準価額 10,282円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,405億円

<騰落率>
1カ月  -2.6%
3カ月  -1.6%
6カ月 -12.4%
1年        4.5%

※5月末時点

ここに注目:GSグローバル社債ターゲット2022−06(限定追加型)」が2位にランクイン

GSグローバル社債ターゲット2022−06(限定追加型)」が2位にランクインしている。同ファンドは6月に新規設定されたファンドである。信託期間約5年の限定追加型投資信託で、主に日本を含む世界の企業が発行する米ドル建て、またはユーロ建て債券(ハイ・イールドを含む)に投資し、原則として為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図る。そして、約5年の信託期間で、年率1%程度の実質的最終利回りの確保を目指すファンドである。新規設定額は261.93億円と、6月の新規設定ファンドの中で最大だった。主にりそな銀行や埼玉りそな銀行、北海道銀行で販売されたが、安定的なリターンを期待する顧客からの資金が集まったのだろう。

■GSグローバル社債ターゲット2022−06(限定追加型)  
信託報酬 0.798%
設定額 261.93億円