夏の贈り物といえば「お中元」ですね。古くから普段お世話になっている人に感謝を伝える機会として利用されてきました。もうお中元を受け取った人もいるのではないでしょうか。

お中元の起源をさかのぼると中国にたどり着きます。お中元はいつごろから日本に定着したのでしょうか? 今日はお中元の由来と、新しい経済の考え方「ギフトエコノミー」について解説します。

起源は中国の思想から

お中元は中国の思想が由来となっています。中国には「三元」という考え方があり、旧暦で1月15日を「上元」、10月15日を「下元」、そして7月15日を「中元」と呼んでいました。中元には罪を許す日という意味があり、さらに中元と同じく旧暦の7月15日に行われていた仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結び付き、先祖を敬う日になったといわれています。

日本にも先祖を祭る習慣があったことや仏教が広まっていったことから、三元のうち中元が日本に渡り、「お中元」として定着したと考えられているようです。

お中元が物を贈り合う日となったのは、罪滅ぼしのため近隣の人に贈り物をした習慣が現代まで引き継がれているとする説や、先祖や神霊を祭るお供え物として食べ物を持ち寄り共に食事をした習慣が変化した説、仏教でお盆のときに親族間で食べ物を贈り合う「盆礼」が伝わっているとする説などがあり、はっきりしません。

お中元はその後、だんだん庶民の文化として定着していきました。現代ではお世話になっている人へ日頃の感謝を伝える日として活用されています。

お歳暮との違いは?

お中元はよく「お歳暮」と混同されます。お中元は今のような夏の時期に、お歳暮は年の瀬に渡される贈り物です。お歳暮もまた中国の三元思想が由来となっており、武士が年末に贈り物をする習慣や、商人によるツケ精算の際のお礼回りと結び付いて広がりました。明治時代以降はさらに幅広い層でお歳暮が利用され、庶民に広がったと考えられています。

現代のお中元とお歳暮は、贈る時期こそ異なりますが、お世話になった人へのお礼という意味合いに変わりはありません。また、お中元やお歳暮以外にも「残暑見舞い」や「寒中見舞い」といった名目でさまざまな時期に贈り物がなされます。あまり格式張らずに、お礼を言いたい人がいれば贈り物で感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

改めて見直されるギフトエコノミー

「ギフトエコノミー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 直訳すれば「贈り物経済」となりますが、これは単に百貨店などといった贈答品に関連する市場を指す言葉ではありません。資本主義と異なり、見返りを求めない経済を指します。その概念を知るため、ギフトエコノミーの代表的な成功例「カルマキッチン」について押さえましょう。

カルマキッチンは2007年3月に誕生しました。米国のバークレー(カリフォルニア州)で始まったこのレストランでは、メニューに値段がありません。時価というわけではなく、本当に値段がないのです。つまりお客は無料で食事を楽しむことができます。

なぜお金を払わずに食事ができるのでしょう。その理由は、前もって別の人が食事代を支払っているためです。カルマキッチンでは食事代を支払う代わりに、次の見知らぬ誰かの食事のためにお金を寄付することができます。また、無償のボランティアスタッフとして働くことも可能です。もちろん強制ではないため、ただ食事をして店を出ても構いません。

カルマキッチンはこのように、誰かが誰かの食事のためにお金を贈り合い、また無償で働く仕組みによって成り立っています。この構造から、カルマキッチンは恩返しではなく“恩送り”といわれることも少なくありません。

人の善意に頼る仕組みのため、資本主義の考えではどうしても持続性が懸念されます。つまり、寄付せずに食事する人だけが殺到すればカルマキッチンは破綻する、という指摘です。おそらく多くの現代人がそのように心配するでしょう。

しかしそのような心配をよそに、カルマキッチンは世界中に広がり、日本でも東京や神戸で開催されました。今では世界で提供された食事は10万食を超え、ボランティアスタッフが働いた時間は8万時間を超えています(2022年7月8日時点)。カルマキッチンはもはや1つのレストランを表す言葉ではなく、この仕組みそのものを指す1つの概念となりました。

カルマキッチンが成立している理由は、利益の最大化を基本とする資本主義では説明が難しいでしょう。資本主義ではサービスや商品の対価としてお金を支払うのであり、また、給与があるから人は働くと考えます。つまり対価のない寄付やボランティアとしての労働は基本的にあり得ません。資本主義は合理的で理解しやすい考え方ですが、一方で経済格差や搾取といった問題が歴史的に付きまとってきました。

カルマキッチンはお客の貧富にかかわらず、全て純粋な贈り物として食事を提供します。そしてカルマキッチンの考えに賛同し、お金がある人は寄付を、そうでない人もスタッフとして協力し、カルマキッチンの運営に参加できます。つまりカルマキッチンは、誰もが食事側・運営側のいずれにも平等に参加できるのです。

カルマキッチンの成功は、「人は決して利益だけで行動するわけではない」ということを示しているのではないでしょうか。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。