人生100年時代に向けてiDeCoを活用しよう!

最近は徐々に認知度が上がってきましたが、それでもiDeCoに加入している人は少数派です。加入対象者のうち、iDeCoを利用しているのは会社員で4%程度、自営業・フリーランスは約3%にすぎません(2021年6月現在時点、自営業は免除・猶予者除く)。

これは本当にもったいない話です。公的年金不安からやみくもに節約に走ったり、金融機関で“年金向け”とすすめられる保険商品を購入したり、焦って株やFX(外国為替証拠金取引)の短期取引で儲けようと考えたり――といったことをする前に、まずはこうした制度を知って活用してほしいと感じます。税制上の優遇がある制度というと、つみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、老後に向けた資産形成が目的であれば、多くの人はiDeCoが第一候補になります。

より多くの人が利用できるように、2022年からiDeCoはさらに進化します。具体的には

・加入できる年齢がのびる(60歳未満→65歳未満)

・受け取り方の選択肢が広がる(運用継続70歳→75歳になるまで)

・企業型DC加入者は原則iDeCoに加入できるようになる

などです。とくに21年3月末時点で約750万人いる企業型DC加入者がiDeCoにも同時に加入できるようになるのはインパクトが大きいですね。このほか、企業年金のある会社員は掛金の上限額なども変わります。

しくみから活用法、金融機関選びまで丁寧に解説

本書はiDeCoの基本的なしくみからメリットや留意点、商品を選ぶポイントや活用法、金融機関の選び方までを網羅しています。もっとも、「初歩の初歩から制度を理解したい」という人もいれば、「金融機関選びで迷っている」、あるいは「どのように活用したらよいか知りたい」という人もいるでしょう。第1章から順番に読み進めて知識を深めていくこともできますし、興味があることや知りたいことをまとめた章から読むこともできます。自分なりの使い方で、とことん活用していただきたいと思います。

それでは、本書の中身について簡単にご紹介していきます。

まず第1章「iDeCoってなに?」では、iDeCoのしくみについてわかりやすく解説します。iDeCoの加入を検討している方は、ぜひ第1章からお読みください。制度の概要や特徴、7つのタイプ(会社員か自営業か、専業主婦かなど)によって掛金の上限額が異なるといった基本的なルールが理解できます。また、加入可能年齢の拡大、受給開始時期の選択肢の拡大、企業型DC加入者のiDeCo加入の要件緩和といった変更点についても説明していますので、すでに加入している方にも参考になるはずです。

第2章「iDeCoのおトクな税制メリットを賢く使う!」では、税制上の優遇について解説します。iDeCoでは、「掛金を払うとき」「運用している間」「運用してきたお金を受け取るとき」のそれぞれの段階で、税制上の優遇措置があります。掛金を払うときの節税効果、運用している間の非課税の効果について詳しくみていきます。

第3章「iDeCoをこう活用する」では、iDeCoの制度的な特徴を踏まえたうえで、商品をどう選択し、どう運用していけばよいかを考えていきます。iDeCoだけでなく、企業型DCに加入している方にとっても参考になるはずです。

第4章「金融機関はどう選べばいいの?」では、金融機関を選ぶときのポイントを解説します。iDeCoは1人ひとつしか口座を開設することができません。加入時にしっかりと選択したいものです。新たにiDeCoに加入する人はもちろん、「離職や転職で企業型DCからiDeCoに資産を移す必要がある」という方にも役立つ内容となっています。

第5章「運用してきたお金をどう受け取るか」では、受け取り(「給付」といいます)の方法について考えていきます。税の優遇はあるものの、積み上げてきた資産を受け取る時は原則課税です。そのため、退職一時金、ほかの企業年金などを併せて考えることが大切。トータルで受け取る金額は同じでも、受け取る順番や受け取り方次第で、トクすることもあれば、逆に損することもあるからです。受取時のルールをしっかり押さえておきましょう。

そして、最後の第6章「iDeCoについてのQ&A」では口座開設から取引まで、Q&A形式でiDeCoの疑問にお答えします。定期的にセミナーでお話をする機会がありますが、その中で多く寄せられる質問を盛り込みました。

とくに本書を手にとっていただきたいのは、「リタイア後に向けてコツコツ資産を作っていきたい」という方たちです。例えば、

・国から受け取る公的年金だけでは心もとない自営業やフリーランスの人

・会社に企業年金制度がない中小・ベンチャー企業にお勤めの人

・会社に企業年金はあるけれど、それほど手厚くないという会社員

など、日本に住む、現役世代の多くの方です。

今回の改正の背景には60歳以降も働く人がふえていること、日本ですすむ長寿化などがあります。そうした状況に合わせて、私的年金(iDeCoや企業型DCなどの企業年金)と、公的年金がセットで改革していこうというわけです。経済的な基盤を築いて、充実した老後を過ごせるように、長く働いて公的年金やiDeCoに加入する期間がのびると受け取る金額をふやすことにつながりますし、受け取り方の選択肢が広がることで、働き方やライフスタイルの多様化に応じて受け取り方などを自ら選ぶことができるようになります。

そういう意味では、「自分のお金は、自分でマネジメントする」という意識を持つことがますます必要な時代になります。本書がiDeCoについて知りたい・活用したいという方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

***
 

※本記事は竹川美奈子著『[改訂新版]一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』(ダイヤモンド社)の「はじめに」から一部を抜粋したものです。

竹川美奈子著『[改訂新版]一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』(ダイヤモンド社)