6月の資金流入額1位は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」(583.18億円)

6月の資金流入額1位は、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」だった。同ファンドはS&P500種株価指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月は2.0%のマイナスリターンとなったものの、1年間騰落率は+11.3%となってる。同ファンドは円換算ベースのS&P500種株価指数を対象にしているので、円安・ドル高が進んだことがプラスの要因になったのだ。同ファンドには高水準の資金流入が続いているので、7月も資金流入額1位になる可能性は高いだろう。

■eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)  
基準価額 18,301円
信託報酬 0.0968%
純資産残高 1兆2,547.79億円

<騰落率>
1カ月 -2.0%
3カ月 -7.0%
6カ月 -4.7%
1年     11.3%

※6月末時点

6月の資金流出額1位は「イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略ファンド」(-137.33億円)

6月の資金流出額1位は、「イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略ファンド」だった。同ファンドは、世界の取引所に上場している株式の中から、脱炭素化社会実現に向けた取り組みやイノベーションに貢献する企業、あるいはその恩恵を受けることが期待される企業の株式に投資を行うアクティブファンドである。「脱炭素」はこれらかも主要なテーマである可能性が高いものの、6月は-9.1%と大きなマイナスリターンだった。5月も60.76億円の資金流出となっており、資金流出が続いている。パフォーマンスも悪化していることから、7月も資金流出が続く可能性は高いだろう。

■イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略ファンド 
基準価額 10,983円
信託報酬 1.925%(年率・税込)
純資産残高 1,777.61億円

<騰落率>
1カ月 -9.1%
3カ月 -9.3%
6カ月 -2.9%
1年     4.3%

※6月末時点

6月の純資産残高1位は「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」(1兆7,538.28億円)

6月の純資産残高1位は、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」だった。同ファンドは、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど、米国の成長株に投資するアクティブファンドである。同ファンドは毎月決算を行い、基準価額に応じた分配を目指す。ただ、直近では基準価額の下落により、5月と6月は分配金が支払われなかった。基準価額の下落や分配金が支払われなかったことにより、6月の資金流入額は121億円まで減少。純資産残高トップの座はキープしているものの、7月は資金流入が続くかどうかに注目だ。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  

基準価額 10,288円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,538億円

<騰落率>
1カ月   0.1%
3カ月  -9.1%
6カ月 -15.2%
1年     -1.6%

※6月末時点