6月の資金流入額1位は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」(583.18億円)

外国株式型ファンドの6月資金流入額1位は、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」だった。同ファンドは、米国を代表する株価指数であるS&P500種株価指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月は2.0%のマイナスリターンとなったが、高水準の資金流入が続いている。純資産残高も1兆2,547.79億円となり、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で2番目の大きさだ。7月以降も高水準の資金流入が続くかどうかに注目している。

■eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)  
基準価額 18,301円
信託報酬 0.0968%
純資産残高 1兆2,547.79億円

<騰落率>
1カ月 -2.0%
3カ月 -7.0%
6カ月 -4.7%
1年    11.3%

※6月末時点

6月のリターン1位は「ワールド・ゲノムテクノロジー・オープン Bコース(為替ヘッジなし)」(11.93%)

6月の外国株式型ファンドのリターン1位は、「ワールド・ゲノムテクノロジー・オープン Bコース(為替ヘッジなし)」だった。同ファンドは、世界主要市場のバイオテクノロジー関連企業の株式に投資するアクティブファンドである。ナスダック・バイオテクノロジー株指数(米ドルベース)の6月の騰落率は0.48%の下落となったものの、円安・ドル高が進んだことやシージェン、サイトカイネティックスといった組入銘柄が上昇したことにより、11.93%と高いリターンになった。良好な治験結果やM&Aが発表されていることから、バイオ医薬品企業にとっては追い風になる可能性が高いだろう。

■ワールド・ゲノムテクノロジー・オープン Bコース(為替ヘッジなし)
基準価額 26,448円
信託報酬  2.09%
純資産残高 217億円

<騰落率>
1カ月 11.9
3カ月  4.0%
6カ月 -7.7%
1年   -11.7%

※6月末時点

6月の純資産残高1位は「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」(1兆7,538.28億円)

外国株式型ファンドの純資産残高1位は、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」だった。同ファンドは、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど米国の成長株に投資するアクティブファンドである。基準価額の下落から5月と6月は分配金が支払われなかったが、7月は3カ月ぶりに100円の分配金が支払われた。純資産残高2位の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」とは5,000億円以上の差があるものの、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」の資金流入額は減少してきているので、7月以降に差が縮まるかどうかに注目している。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  
基準価額 10,288円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,538億円

<騰落率>
1カ月   0.1%
3カ月  -9.1%
6カ月 -15.2%
1年      -1.6%

※6月末時点