DCガバナンスの視点から受託者責任を果たす目的で、投資信託のモニタリングや入れ替えを検討・実施する企業も少しずつ増えています。そこで、投資信託のモニタリングに役立つDC商品マーケットの最新状況を、投資信託評価会社である三菱アセット・ブレインズのシニアファンドアナリスト・標 陽平氏に解説していただきます。

※この記事は、2022年7月21日(木)に実施したWEBセミナー「 最新DC 投信マーケット解説 2022年7月号」を記事化したものです。

——早速今月のDCマーケット状況について伺いたいと思います。まずはアセットクラスごとのパフォーマンスをお聞かせください。

こちらは過去2年間のファンド分類別の累積パフォーマンスを示したものです(図1)。多くの分類でおおむね堅調なパフォーマンスとなりました。しかし、堅調であったのはコロナショック後の反発局面である前半の1年(2020年6月〜2021年6月)だけで、後半の1年(2021年6月〜2022年6月)は多くの資産が横ばいか下落傾向で推移しました。

図1 分類別累積パフォーマンス

※ 公社債投信等を除くDCファンド(専用・共用)について月間収益率をカテゴリー別に単純平均し、 24ヵ月前を100として指数化したもの。 出所:三菱アセット・ブレインズ

最も堅調なパフォーマンスとなったのは、外国REITのカテゴリーです。外国REITは低金利環境を背景に好調に推移しました。グラフのとおり、過去2年間で50%以上上昇したことになりますが、足許では世界的に金利が上昇傾向となっていることもあり、パフォーマンスは軟調に推移しています。

2番目に堅調なパフォーマンスとなったのは、外国株式のカテゴリーです。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた各国の金融緩和政策などにより、世界的に株式市場は上昇基調で推移しました。しかし、外国REITと同様、足許では金利の上昇を受け2022年1月には単月で-8.5%下落するなど、パフォーマンスが悪化しています。次に分類別の月間パフォーマンスランキング(図2)を確認します。ここでは当月6月のパフォーマンスに注目しましょう。

図2 分類別パフォーマンス

※ 公社債投信等を除くDCファンド(専用・共用)について各期間別の収益率をカテゴリー別に単純平均し作成したランキング表。 出所:三菱アセット・ブレインズ

2022年6月に最もパフォーマンスが良かったのは、エマージング株式のカテゴリーです。主に中国株式の上昇が寄与しました。中国では、上海のロックダウン解除や中国政府による景気刺激策などにより、景気減速に対する懸念が和らぎ、株価が反発しました。

次いで、外国債券、エマージング債券がプラスとなりました。債券資産は金利上昇を受け債券価格自体は下落しましたが、国内外の金利差拡大により円安が進行したおかげでプラスのリターンを円ベースで確保しています。これは、日本では金融緩和政策の維持を表明していますが、海外では過熱するインフレの抑制策として政策金利の引き上げなど金融引締めに転じる国が多くなっていることが要因です。この国内外の金融政策の違いはしばらく続きそうですから、今後も円安傾向が継続するのではないかとの見方も出ているようです。

下位をみると、外国REIT、外国株式と並んでいます。影響を与えたのはやはり金利の上昇です。FRB、米連邦準備制度理事会が約27年ぶりとなる0.75%幅の大幅利上げに踏み切ると米長期金利は上昇しました。また、欧州株もECBによる金融引き締めやロシア産天然ガスの供給減少を受けて景気減速懸念が強まり、株価は軟調に推移しました。

——今月のDCファンドの状況について教えてください。

当月の資金流出入額は約1,560億円となりました。前月から約760億円増加しました。資金流入額が1,500億円を超えるのは、2020年1月以来と約2年半ぶりの水準です。

図3 ファンド分類別 月間流出入額推移(DC専用ファンド)

※ 公社債投信等を除くDC専用ファンド 出所:三菱アセット・ブレインズ

資金流入額は、多い順に、複合資産型(683億円)、外国株式型(487億円)、国内株式型(146億円)となりました。当月は資金が流出したアセットクラスはありませんでした。ロシアによるウクライナ侵略が開始された2022年2月には資金流出入額は低調となりましたが、足許では回復傾向にあるようです。

直近6ヵ月の資金流出入額の累積は、外国株式型が1,786億円、複合資産型が1,736億円と人気を二分しています。市場の傾向として、若年層の加入者が外国株式型で運用する一方、シニア層の加入者は複合資産型で運用する傾向があるようです。一般的に若年層のリスク許容度は高い傾向にありますから外国株式で運用する人が多いですが、シニア層のリスク許容度は低い傾向にあり、低リスクとされる複合資産型ファンドで運用する人が多くなっているものと思われます。

では、個別ファンドではどのようなファンドに資金が流入しているのか確認しましょう。外国株式型と複合資産型の2つのアセットクラスについてみてみます。まず、外国株式型の月間資金流入額上位15ファンドについて確認します(図4)。ランキング表のとおり、上位15本のうち14本までがMSCIコクサイなどの世界株価指数に連動するパッシブファンド、インデックスファンドとなりました。世界の株式市場に投資をするという商品性の分かり易さと運用中に手数料として差し引かれる運用管理費用の安さから人気が集まっているものと思われます。

図4 2022年6月 外国株式型(DC専用ファンド)

※ 公社債投信等を除くDC専用ファンド 出所:三菱アセット・ブレインズ

一方、複合資産型の月間資金流入額上位15ファンドでは、パッシブファンドとアクティブファンドがそれぞれランクインしています(図5)

図5 2022年6月 複合資産型(DC専用ファンド)

※ 公社債投信等を除くDC専用ファンド 出所:三菱アセット・ブレインズ

上位3本は三菱UFJ国際のパッシブファンド「三菱UFJプライムバランス」シリーズが独占しました。リスク許容度に応じ安定型、安定成長型、成長型の3コースが用意されています。加入者は自身のリスク許容度に合わせて株式比率の低い安定型から株式比率の高い成長型まで自由に選べるようになっています。4位には「分散投資コア戦略ファンドA」がランクインしました。様々なアセットクラスに投資するとともに、市場環境に応じて配分比率を調整するファンドであり、先行き不透明な現在の投資環境において一定の人気を集めているものと思われます。

——直近DC向けにどのような商品が設定されたか教えていただけますか?

新規設定ファンドでは、2本のファンドについて紹介します(図6)

図6 2022年6月 新規設定ファンド(直近30本、過去2年間)

※ 公社債投信等を除くDC専用ファンド 出所:三菱アセット・ブレインズ

1本目は三井住友トラストアセットマネジメントの複合資産型ファンド「10資産分散投資ファンド」です。名前のとおり、10個もの資産にバランス良く分散投資するファンドです。おおまかにいって、国内株式、先進国株式、新興国株式などの株式資産に30%、国内債券や先進国債券、新興国債券などの債券資産に65%、国内REITや海外REITなどのREIT資産に5%それぞれ投資します。特徴的なのは、普通の先進国債券だけでなく、先進国物価連動国債に投資する点と言えるでしょう。物価連動国債が組み入れられているファンドは珍しいです。物価連動国債は物価変動に合わせて元本が変動する国債で、インフレに強い債券とされています。海外でインフレが進んでいる現状では、物価連動国債への投資は選択肢の一つとして良いかもしれませんね。

2本目はブラックロック・ジャパンの外国株式型ファンド「iシェアーズ 米国株式(S&P500)(DC)」です。名前のとおり、アメリカの時価総額の大きい約500銘柄で構成される、S&P500指数に連動する投資成果をめざすパッシブファンドです。ブラックロックが運用するETFを通じてアメリカの株式に実質的に投資します。アメリカ株式は今最も人気を集めているアセットクラスです。アメリカ経済の成長性の高さに市場の注目が集まっています。当ファンドの運用管理費用は約0.08%、投資先のETFの費用を含めても約0.11%程度であり、運用管理費用は低位に抑制されています。運用管理費用の安さを追求する加入者からの資金を集めるかもしれませんね。パッシブファンドの世界では運用の巧拙でパフォーマンスに差が付きにくいことから、運用管理費用の違いがパフォーマンスに与える影響は大きいです。投資先にパッシブファンドを選ぶ際には、そのファンドの運用管理費用が類似のファンドと比べて、高いのか低いのか、よく確認する必要があると思います。同じインデックスに連動をめざすファンドであれば、なるべく運用管理費用が安いファンドを選ぶと良いでしょう。

以上、パフォーマンス動向、資金流出入動向、新規設定ファンドの紹介をさせていただきました。
(聞き手:Finasee)