2022年7月、楽天証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の概要

楽天証券の7月ランキング1位は、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」だった。同ファンドは、米国を代表する株価指数であるS&P500種株価指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月は2.0%のマイナスリターンとなったが、7月末の基準価額は19,236円と、6月末の18,301円に比べて5.1%上昇した。7月末の純資産残高は1兆3,000億円を超えており、高水準の資金流入が続いている。8月以降も楽天証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)  
基準価額 18,301円
信託報酬 0.0968%
純資産残高 1兆2,547.79億円

<騰落率>
1カ月 -2.0%
3カ月 -7.0%
6カ月 -4.7%
1年    11.3%

※6月末時点

全体を見て:海外株式型ファンドが人気

楽天証券では、7月も海外株式型ファンドの人気が高かった。ランキング2位の「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を主要対象とし、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」は、米国株式市場の大型株から小型株まで投資可能銘柄のほぼ100%をカバーしているので、S&P500種株価指数よりも幅広い銘柄に分散投資できるというメリットがある。6月は2.2%のマイナスリターンだったが、7月末の基準価額は19,808円と、6月末の18,808円に比べて5.3%上昇している。人気が高いファンドなので、8月以降も楽天証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■楽天・全米株式インデックス・ファンド  
基準価額 18,808円
信託報酬 0.162%
純資産残高 5,835.54億円

<騰落率>
1カ月 -2.2%
3カ月 -7.9%
6カ月 -6.4%
1年     6.6%

※6月末時点

ここに注目:ブル型・ベア型ファンドも人気

楽天証券では、ブル型・ベア型ファンドの人気も高い。ネット証券では信用取引を利用して積極的にリスクをとる投資家も多いことから、国内株式を対象にしたファンドでは、インデックスファンドよりもブル型・ベア型ファンドの人気が高いのだ。ランキング4位の「楽天日本株3.8倍ベアⅡ」は、日々の基準価額の値動きが国内株式市場の概ね3.8倍程度反対となることを目指して運用を行うベア型ファンドである。6月は+8.8%と高いリターンになったが、7月末の基準価額は6,385円と、6月末の7,917円に比べて約20%の下落となっている。非常にハイリスク・ハイリターンのファンドなので、積極的にリスクを取れる投資家以外は購入しない方がいいだろう。

■楽天日本株3.8倍ベアⅡ 
基準価額 7,917円
信託報酬 1.243%(年率・税込)
純資産残高 25.29億円

<騰落率>    
1カ月     8.8%
3カ月   10.6%
設定来 -20.8%(2022年3月〜)

※6月末時点