2022年7月、auカブコム証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の概要

auカブコム証券の7月ランキング1位は、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」だった。同ファンドは、米国を代表する株価指数であるS&P500種株価指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月は2.0%のマイナスリターンとなったが、7月末の基準価額は19,236円と、6月末の18,301円に比べて5.1%の上昇となった。7月末の純資産残高は1兆3,654.70億円で、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で2番目の大きさとなっている。個人投資家の人気が高いファンドなので、8月以降もauカブコム証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)  
基準価額 18,301円
信託報酬 0.0968%
純資産残高 1兆2,547.79億円

<騰落率>
1カ月 -2.0%
3カ月 -7.0%
6カ月 -4.7%
1年    11.3%

※6月末時点

全体を見て:海外株式型ファンドが人気

auカブコム証券では、海外株式型ファンドの人気が高かった。ランキング2位の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は、「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)」に連動する投資成果をめざすインデックスファンド。このファンド1本で全世界の株式に国際分散投資できる。また、「eMAXIS Slimシリーズ」は、三菱UFJ国際投信株式会社が提供する、シンプルでわかりやすく、低コストが特徴のインデックスファンドシリーズで、「長期・分散・積立」の資産形成に適している。同シリーズの人気は高いので、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が8月以降もauカブコム証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
基準価額 16,241円
信託報酬 0.1144%
純資産残高 5,597.4億円

<騰落率>
1カ月 -1.9%
3カ月 -6.0%
6カ月 -4.3%
1年     5.1%

※6月末時点

ここに注目:「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」が5位にランクイン

「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」が5位にランクインしている。同ファンドは国内の債券に投資し、「NOMURA-BPI総合」と連動する投資成果を目指して運用を行う。6月は金利が上昇傾向にあることからマイナスリターンとなっているものの、下落幅は小さい。株式市場は2022年になって売りが優勢になっているので、債券ファンドの人気も高まっていると考えられる。

■eMAXIS Slim 国内債券インデックス  
基準価額 9,870円
信託報酬 0.132%(年率・税込)
純資産残高 160.62億円

<騰落率>
1カ月  -0.9%
3カ月  -1.3%
6カ月 -2.8%
1年     -2.9%

※6月末時点