「飲むパン」と呼ばれる飲み物を知っていますか? 正解はビールです。パンとビールはどちらも麦と水と酵母が主原料となっていることから、そのように呼ばれるようになりました。ビールは紀元前から飲まれていた記録があり、当時のビールは実際に焼き上げたパンを使って作っていたそうです。

8月4日は「ビヤホールの日」です。ビヤガーデンと比べると知名度に劣るかもしれませんが、おいしい洋風料理やレトロな雰囲気がビヤホールの魅力です。今年の夏はビヤホールで冷たいビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。今日はビヤホールの日にちなみ、日本で最初のビヤホールをオープンした「サッポロビール(サッポロホールディングス)」について押さえましょう。

日本で初めてビヤホールが生まれた日

ビヤホールの日は日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」がオープンした日に由来します。1899年8月4日、現在の銀座8丁目に開店した恵比壽ビヤホールは、レンガ造りのモダンな装いで人気を集めました。日本酒が1升(1800ミリリットル)25銭3厘の時代に、ビール1杯(500ミリリットル)10銭と高めの値段設定でしたが、1日の平均来客数は800人に達し、ビールが毎日売り切れるほど繁盛したそうです。

恵比壽ビヤホールは現在の「サッポロライオン」が創業しました。「サッポロビール」を中核とするサッポログループの一員で、現在も「ビヤホールライオン」や「銀座ライオン」などのブランドでビヤホールを展開しています。ビヤホールの日には毎年キャンペーンを展開しており、今年は全国のチェーン店で生ビール全品が半額で提供されます。お近くのビールファンはぜひ足を運んでみてください。

【サッポロホールディングスの業績】

※2022年12月期(予想)は同第1四半期における同社の予想

出所:サッポロホールディングス 決算短信

数百本に1本! “ラッキーヱビス”に出合う方法

恵比壽ビヤホールは飲食業としても成功しましたが、もともとはサッポロビールの看板商品「ヱビスビール」の宣伝のために設立されました。ヱビスビールは1890年に発売されると瞬く間に人気を集め、今日まで130年以上愛される大ロングセラー商品となっています。現在の地名「恵比寿」は、ヱビスビールの製造工場や積み出し駅があったことに由来していることからも、ヱビスビールがいかに人気だったかがうかがえますね。ちなみにヱビスビールが発売された1890年2月25日にちなみ、毎年2月25日は「ヱビスの日」となっています。

ところで、ヱビスビールには“ラッキーヱビス”と呼ばれる特別なパッケージがあることをご存じでしょうか。通常は七福神の恵比寿様が1匹の鯛を抱いたデザインですが、ラッキーヱビスは鯛がさらにもう1匹描かれています。

サッポロビールによると、ラッキーヱビスが製造されるのは瓶のヱビスビール数百本に1本です。単純に考えれば出合える確率は1%以下しかありません。またその所在は一切明かされず、どの販売店や飲食店にあるのか誰も知ることができないのです。ヱビスビールファンなら一目見たいでしょうが、なかなか出合うことは難しいでしょう。

なお、「ヱビスビール記念館」(東京都渋谷区恵比寿4-20-1)にある数百本のヱビスビールの缶で作られたオブジェには、1本だけラッキーヱビスが使われています。どうしてもラッキーヱビスを見たい人は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

出所:サッポロビール ヱビスマガジン

また、フリマアプリなどをのぞいてみるとラッキーヱビスを出品している人が多く見つかります。なんとなくありがたみが薄れますが、ラッキーヱビスに出合う1つの方法といえるかもしれません。

安くなる「ビール」と高くなる「発泡酒」…酒税の改正

最近は食品や飲料が値上げされるケースが多いですが、ビールは今後値下がりする可能性があります。現在、ビール系飲料に関する酒税の税率は1本化が進められており、「ビール」については現在より引き下げとなるためです。

反対に「発泡酒」や「新ジャンル(いわゆる第三のビール)」は現在よりも引き上げとなるため、値上げされるかもしれません。

【ビール系飲料の酒税(350ミリリットルあたり)】

出所:財務省 酒税に関する資料

【(参考)サッポロビールの主なビール・発泡酒・新ジャンル】

出所:サッポロビール 商品カテゴリ一覧

「発泡酒」や「新ジャンル」もおいしいですが、濃厚な味や香りを楽しみたい人の中には「ビール」を好む人が多いのではないでしょうか。ビールの価格は酒税だけで決まりませんが、酒税の引き下げで少しでも楽しみやすい値段になるとよいですね。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。